あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

次の内閣って本気なの

 自民党の総裁選挙の話題は盛り上がってきているのに、対抗する民主党の代表選はどうなっているのでしょう。無投票で小沢さんがなるとしたら古い政党のままと云うイメージがしっかり定着してしまうでしょうね。

 実は、民主党に石にかじりついてもやってもらいたい事が二つほどあるのです。一つは憲法改正です。これは策士である小沢一郎が安倍ちゃんと大連立を組めば即実現可能なので、請うご期待です。

 次に「絶対税金を上げない事」を約束してもらいたかったのですが、どうやら、こちらは消費税を福祉目的税にした増税を公約に入れてしまっています。

 PHPなどの民間シンクタンクが無税国家のシナリオをきちっと描いているのに酷いものです。これでは特別会計の不正を暴いて暗殺された石井紘基代議士の死が報われません。役人は入ってくる金の当てがあれば絶対行財政改革なんてやらないのです。これは土光臨調の経験者が明言しています。

 民主党はヤマト運輸の真似をするべきです。ヤマト運輸は何をやったか?大口の法人客を捨てて市民ひとりひとりを大切にしたのです。法人や団体の票を捨てて、国民一人ひとりの票を掘り起こす努力をしなければ、いずれは社会党と運命を同じくしてしまうでしょう。
by antsuan | 2006-09-11 21:47 | 政治・経済 | Comments(2)
Commented by seilonbenkei at 2006-09-12 06:54
郵政造反議員復党なんて言われてるので、民主党が消滅すれば大半は復党とか考えたりするのですがそれはあり得ませんか?
阿部さんよりは小泉さん続投の方がいいなぁ。阿部さんはずるそうだ。
Commented by antsuan at 2006-09-12 10:13
アベちゃんは小泉さんのブレーキ役だったのですよ。アベちゃんは担がれてブレーキに足がつかなくなる恐れがありますね。それにしても民主党ってこんなに人材不足なのかと嘆いてしまいますね。一からやり直しですね。