あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

水不足は戦争の火種

 夏に逆戻りといった方がぴったりの暑い一日でした。幸いというか今年の夏は水の被害はあっても水不足の被害はありませんでした。

 さて、隣国のチャイナはどうかというと、ますます水不足が深刻になっているようです。その理由は急激な工業化にあるようですが、とにかく農地がなくなり食糧の自給率がどんどん低下して来ていて食料輸入大国になっています。さらに悪い事に、原油が高騰し食料の輸入費用もそれにつれて大幅に上昇しつつあります。

 いまでも農民一揆があちこちで頻繁に起きているといわれておりますが、これでもしチャイナの経済発展に陰りが見えると、たちまちのうちに外貨不足が表面化してきて食料不足が一気に表面化します。

 その時、チャイナの政権がその責任を日本のせいにする事は十分予想される事なのです。日本がチャイナの農産物を買い占めているとか、原油価格を高騰させているのは日本の産業だとか難癖をつけて日本叩きをし、現地の日本の企業を襲ったり、それで弱腰を見せると今度は本当に日本にミサイルを撃ち込む可能性も否定出来ません。

 では日本はどうすればよいか。チャイナの民心をつかむ事です。要するに政府を相手にするのではなく人民を相手にする事なのです。幸いに現地の企業は不当な税金の搾取や商品の横流しなどにあっても、辛抱強く労働者と対話を重ね、暴動が起きるようなことにはなっていません。また、NPOなどのボランティアグループが植林事業など草の根福祉に活躍しています。そのため、報道にみられるような日本に対する悪い国民感情はなく、逆にわざわざ日本に密航しようとするぐらい、よいイメージを持っているのが事実のようです。

 日本の政府は今しっかりとした対チャイナの外交政策を策定し、平和と友好が堅持されるのであれば人道援助の用意のある事も国の内外に表明しておくべきでありましょう。今のチャイナは自分たちの政策の失敗を隠すために、もう一度朝鮮戦争を始めるかも知れません。その時、日本は朝鮮半島に出て行くのか行かないのか。新征韓論についても公に議論しておく事も必要でしょう。

 朝鮮半島は日本のバルカン半島なのです。
by antsuan | 2006-09-10 23:19 | 政治・経済 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/3763397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さかぴぃ at 2006-09-11 10:44 x
あいかわらずいろいろお勉強してるみたいですね お酒禁止なんですか それはおかわいそうで。。。ぶひひ。多分ご存じと思いますが先週安部さんのパパが亡くなられて 子供さん二人を見ていると涙が止まりませんでした
Commented by knaito57 at 2006-09-11 13:53
うーん。12億人こぞって反日と思っていましたが、民心はさにあらずですか。外に敵を見つけて騒ぎ立てるのはダメな政治の常套手段です。タイトルからすぐに西部劇を連想してしまいましたが、“水”をめぐる紛争はますます顕在化するでしょうね。勉強になりました。
Commented by antsuan at 2006-09-11 15:17
安部さんのところはママとパパですからね。聞いてびっくりしてしまいました。
新しいバケとヒコーキを買ってきました。潜行板にも新しいバケをつけて今度はイナダねらいですぞ。
Commented by antsuan at 2006-09-11 15:46
国民党の略奪、文化大革命の粛正を経験して、治安の安定は日本軍が居た時の方がよっぽど良かった事をチャイナの大衆は気が付いているようです。だから今の共産党政権はわざわざ反日を声高に叫ばなければいけなかったんでしょうね。
とばっちりが来ないうちに引き上げるのが得策なのでしょうが、火の粉が降りかかって来るようでもあるし、米国の出方も無視出来ないしで、今度の総理の外交は本当に難しくなると思います。
Commented by mitsuki at 2006-09-11 17:32 x
日韓併合時も、植林事業は積極的に行なわれたんですけど、森を育てることが湧水を守ることに繋がるという、神道の教えから来る日本の伝統的な智慧が、向こうの人にはわかりづらいらしく、木材にならない雑木を、なぜ植えるんだ?嫌がらせか?と、反感を持たれたそうですから、その辺りの説明も大切ですね。
Commented by seilonbenkei at 2006-09-11 19:43
そうなの?と思える部分がありますが、知識がないので口チャック。
人間、一番近しい人と仲良くするのが一番難しいとかききますが、水不足であっても過去のことは水に流して・・・。
Commented by antsuan at 2006-09-11 20:48
・形だけであってもチャイナの留学生を受け入れる事は日本と云う国を理解してもらう上で見えない大きな力になっていると思います。向こうの日本語学習熱はものすごくて、日本人教師がたじたじになってしまうぐらいだそうです。
Commented by antsuan at 2006-09-11 20:54
・墓を暴いて死者にむち打つ国民性を忘れる訳には行きません。逆にお互いが過去を忘れないようにする事が相互理解に繋がると思います。水に流す水さえも無いのですから・・。