あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

森戸神社のお祭りだい(一)

今日と明日は葉山は森戸神社のお祭りです。
平日なので人出は少ないのですが、それでもこんなにニーチャン、ネーチャンがいたのかと思うほどいなせな姿の若者が闊歩していました。
革靴を履いた青シャツの変な格好をして歩いているのは長男です。( /_-)

d0001610_21264763.jpg

小さな神社ですが、源頼朝が弓の練習をしていたところといわれています。

d0001610_21271893.jpg

絵灯籠にあるように名島という神社の沖にある島には鳥居が立っています。
ここからの富士の眺めは格別です。

d0001610_21274338.jpg

この頃は神輿を担ぐのはこのようなおねぇーちゃんが多いのです。
by antsuan | 2006-09-07 21:34 | 身の回り・思い出 | Comments(8)
Commented by realutopia at 2006-09-07 22:26
消え行く夏を惜しむような、切なさが伝わる写真ですね。
私はイベントが少ない夏でした。年々減っていくような・・・。
Commented by saheizi-inokori at 2006-09-07 23:58
いいですね。都会の祭りは地方の物真似、阿波踊りとか、ねぷたとか、単なる商業的なイベントになりつつあります。やはり祭りとはその地の神を祭るものでなくては!
Commented by seilonbenkei at 2006-09-08 06:55
antsuanさんって目立つのでしょうか?一番上の写真でカメラ目線の人が二人も。でも写真の傾き方からノーファインダーで撮ったのかなとか。だからカメラ目線なのではなく、antsuanさんを見てるのかなとか(笑)
神事も最近はジェンダーフリーの波が。私が神様だったらおねぇちゃんに担がれた方が嬉しいかも。男は女に担がれてこそなんぼのような気も。
Commented by antsuan at 2006-09-08 07:48
・仕事が終わって行ったので人通りが少なかったですが、結構賑わったようです。そう、だんだんとイベントの裏方になって行くんですよ。もう若くは無い。(´З`)
Commented by antsuan at 2006-09-08 07:53
一時は神輿を担ぐ若者がいなくなって大学のヨット部の応援を頼んだりしていましたが、真名瀬の漁師が奮起してイルミネーションのすごい神輿を作り、最近ではあちこちから神輿を担ぐ若者がやってきます。
Commented by antsuan at 2006-09-08 08:00
こういう場所では広角レンズを使って賑わうところを撮りたかったのですが、携帯電話のカメラではこの程度でご勘弁を。いつも変なおじさんと思われていますので、写真を撮ると警戒感のある目線の人が必ずいます。(x_x)ゞ
Commented by なんだかな~ at 2006-09-08 10:12 x
(^。^)最近はカメラを向けると変な顔をされちゃいますねー「あんたなんか撮って無いやい」と言ってやりたいです(笑)
ところで、最近のお祭りは屋台や夜店が少ないのですが、結構出店してますねー
その中でもピクチャーの中の夜店に”広島風お好み焼き”があったのには感激です。
遂に広島風お好み焼きも全国区になったか~なんて、勿論私は生粋の広島っ子(オヤジ)です(^。^)
Commented by antsuan at 2006-09-08 10:26
なんだかな〜さん、こんにちは。 もちろんカープファンですよね。(^^)/
そう私も広島風お好み焼きの店がやっぱり気になりました。本籍は生口島の瀬戸田町なんです。ヨロシク_(._.)_