あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

北鎌倉の夜

 三十を過ぎて、東京は池袋近くの椎名町にある夜間の城西診療放射線技術専門学校に通っていた頃、横須賀線の品川からの連絡が悪く逗子に戻ってくるのはいつも午前零時近くになっていました。

 今ぐらいの時期になると、後ろのほうの車両には大船を過ぎると殆どだれも乗っていません。その電車が北鎌倉駅のホームに入りドアが開くと、いきなり虫の音の大合唱が飛び込んできます。まるでホームの冷気のそこら中に虫がいて鳴いているかのように車内に響き渡るのです。

 あたかもホームと車両全体が静寂の宇宙空間に包まれているかのようでした。「二千一年宇宙の旅」に出た宇宙飛行士というよりも、銀河鉄道999の列車に乗った乗客になったような気分でした。

 電車が入ってきても止む事のない虫の音の大合唱。ドアが開いている間だけの不思議な異次元とその荘厳なドラマに、古都鎌倉の深い深い時の流れを感じさせられるのです。

 今年もそんな昔を思い出させる季節がやって来たようです。朝晩が涼しくなってきました。
by antsuan | 2006-08-27 23:41 | 身の回り・思い出 | Comments(10)
Commented by miki3998 at 2006-08-28 00:06
antsuanさん、そうですね。

 私の寝室は2階にあり、窓からは横須賀線が走っているのが見えます。夜には電車の明かりが一つの線になって、駅のホームにすべるように流れてゆきます。

 涼しくなって家の周りでは虫の声が聞こえるようになりました。いまもパソコンのキーをたたきながら、電車の音と明かりの流れる様を眺めているんですよ。
 明るい時、大船に向かって左方向の山の上を見てください。北鎌倉女学院の並びを目で追っていくと、レモン色をくすませたような色で緑色の屋根の家が高台に見えます。我が家です。
Commented by antsuan at 2006-08-28 00:12
日中の喧騒とは裏腹で厳かな自然の世界。素晴らしいの一言です。
北鎌倉に着くと帰路を間違えなかった安心感でホッとします。(笑)
Commented by seilonbenkei at 2006-08-28 00:36
へぇ~、30過ぎからですか。一緒だなぁ。
私達の年代って多いですよね、ある程度のトシになってから学んだ人って。私の場合は若い頃バカやりすぎたからですが、antsuanの場合はどうしてでしょう。ぜひ聞かせてください。記事にして。淳子のお願い。
Commented by seilonbenkei at 2006-08-28 00:55
そうか、30歳までは自衛隊か。忘れてました。すみません、
でもantsuanさんと自衛隊って、私の中でもひとつつながらないんです。下士官やってたとかならなんとなくイメージでkりるのですが。
Commented by antsuan at 2006-08-28 07:11
自分でもずいぶんと回り道をしているなぁと今更ながらに感じますが、後悔しているどころか自分にとって必要な事だったと納得しています。自衛隊にいたのは二十歳の時のたった九ヶ月だけで、一応大学も出ましたがその後もぶらぶらとフリーターの先駆けをしていました。ですから小説の一つや二つ簡単に作れると思うのですが、やっぱりそうも行かないですね。
椎名町ですれ違っていないかと思っているのですが如何でしょう。
Commented by seilonbenkei at 2006-08-28 23:00
フリーターの先駆けならカッコイイじゃないですか。私なんかプーの先駆けだし、ヒキの先駆けですよ。そいうや魁って政党がありましたね(笑)
私はおそらくantsuanさんと同じ業界で似た仕事をしていると思いますが、antsuanさんが進んだ学校とは縁がありません。でも椎名町はantsuanさんが一番はじめに拙ブログにコメントくださった時に近いところを言い当てていて、私の母親のことを知っている?のかとビックリしました。
それにしても私もantsuanさんも大学を出てから新たに専門へ進んだわけですね。私の場合は大学での専攻と関連することを学びましたが、antsuanさんはどうだったのでしょう?なんとなく畑違いの道を選んだような印象を受けるのですが、差し支えなければ教えてくださいませんか。
そうそう、もう一点いいですか?自衛隊って9ヶ月で辞められるんですか?だったら話のネタに体験入隊してもよかったかも、、、はちょっと不謹慎かな。
Commented by antsuan at 2006-08-29 06:07
けっしてカッコいいもんじゃありませんでしたよ、親に心配かけ通しでした。体験入隊すれば、結構話のネタになりますよ。(笑) 同じ業界の仕事をされているんですね。ニアミスはなかったようで残念。大学の専攻は塩の研究です。マジ。
Commented by miki3998 at 2006-08-29 22:36
塩の研究ですか?興味あります。

 と言っても、お台所での塩・・・というレベルではないですよね(笑)。失礼しました。
Commented by antsuan at 2006-08-29 23:09
専売公社の中央研究所で卒業研究をやらしてもらいましたから、殆どそちら方面です。2005年4月14日の記事http://antsuan.exblog.jp/200499/にちょっとアカデミックな事を書いてあります。
Commented by seilonbenkei at 2006-08-29 23:11
なるほど。地の塩ならんとしたわけですか。