あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

歪んだ大人になった訳

 先日、皆さんが「歪んだ大人になった訳」をコメントで披露して下さいましたが、子供心に真面目にやってきたことを笑われたり馬鹿にされることは普通にあることだと思います。しかし、これはあくまで自分が傷ついた経験から言うのですが、やはり教育の場においては、つまり教師には、そういうことを他の子供たちと一緒になって笑ったり馬鹿にして欲しくないと思うのです。

 先日のコメントに書いた、"遠足にランドセルを背負って行った"いきさつと云うのは、小学校の三年か四年の時だったと思うのですが、担任の先生が遠足に行く前の日に、「遠足は授業と同じで遊びではありません、雨の日は普通の授業をやります」と注意した言葉を真に受けたからなのです。今から思い返すと自分でもなんてアホなやっちゃと笑ってしまうのですが、やっぱり先生にはその勘違いした理由を聞いて欲しかったと今でも思っています。

 もう一つこんなこともありました。カトリック系の小学校に通っていたことは前に何度も話していますが、宗教の授業の時に、「人前で自慢したりすることはいけないことです」と教わったのです。本当に自分は純真だったと思うのですが、その言葉を忘れないでいたために、学芸会や演奏会でみんなの前で演技をすることや歌を歌うことが悪いことだと信じていたのです。ですから学芸会の稽古の時間は罪悪感に駆られてお手洗いに隠れたりして先生によく怒られていました。歌も歌えなくなったのもその所為にしております。

 こういうことは応用が利かないオッチョコチョイと云うことも出来ますが、やはり子供の純真さも多いに大切にしてあげたいと今になって思うのです。ですが、今の学校の先生にこれを要求することは無理なのでしょうか。
by antsuan | 2006-08-25 17:38 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/3641762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reiko_06sp at 2006-08-25 19:42
あら~純粋なお子さんだったんですね。うちの息子も似た感じです。
元気よく歌えといわれれば、叫ぶように歌ったり、、バナナはおやつに入らないといわれれば、どうやって持っていくか真剣に考えてたり(笑)
いまどきの先生は、昔の先生とは違います。
自分が年とったからかな、、、
安心して任せられる先生は少ない中
息子の担任は、かなり信頼できて、みんなに羨ましがられてます。
イマイチな先生に当たった年は、大人の理不尽さを体験してもらおうと
諦めています、、
社会に出てからの免疫のために(笑)

Commented by gabefunyaa at 2006-08-25 20:26
>元気よく歌えといわれれば、叫ぶように歌ったり
聞いてなんとも思わない親御さんが多いのもすごい。
あんな歌いかたしたら、のど傷めるよな…とかなり保育所のころは
どきどきしたものです。
いま通っている小学校は大規模なので、音楽は専科教諭なので
そんな無茶な事はいわないのですがw
Commented by reiko_06sp at 2006-08-25 22:11
それは指導不足で申し訳ありません。マツタケに言ってきかせておきます。
Commented by antsuan at 2006-08-25 22:38
先生と生徒の相性って結構深刻なものがあると思います。私は五年生からの担任の先生と打ち解けたのが救いでした。外国は教える科目によってクラスの編成が変わるようで、それによって子供の気分がかなり転換されると聞きましたが、それも善し悪しがあるのでしょうね。
Commented by antsuan at 2006-08-25 22:39
確かに、遠足に何でランドセルなのか母が気がつかなかったのも不思議なのですが、子供が先生のしゃべった事を正確に伝えたと思ったのでしょうね。母も純真だった。(#^o^#)  先生も親と子供の両方にうまく伝えるようにしなければならないので大変だとは思います。
Commented by seilonbenkei at 2006-08-25 23:44
うちの子(下)は私に似てへりくつ言いですので、「遠足は授業と同じ」を逆手に取られたことがあります。ようするになんで学校におやつを持ってきたらダメなの?と。面倒なので「例外」で片付けてしまったのですが、antsuanさんの話を聞くと対応まずったなと思います。
もう一つの方。教会では声に出して祈るよう指導(うるせー!)されますが、聖書にはこっそり祈りなさいと書かれてる箇所があります。それを言ったら教会は例外で片付けられました(笑)
それがたとえギャグのように見えても、真剣な問いかけには真剣に応えなければなりませんね。反省。
うちの子(上)はきっと教師になります。線路を踏み外さない学力は十分すぎるくらい持っていますが、問題は「僕の好きな先生」になれるかどうかです。どうやって教えてやればいいのやら・・・。
Commented by cazorla at 2006-08-25 23:46
うちの娘は お金と言う概念がなくて お金の問題が出ると 神経質になって頭がとまってしまうのです。最初は良い点を取ってほしいという気持ちもありましたが 小学校の間は彼女なりの観念で世界を見ていてもいいのかな と思って もう何もいわないことにしました。 学校からは ユーロのところだけ 点数が悪いのでよく指導するように と言われていますが。
Commented by antsuan at 2006-08-26 18:46
家庭環境で歪んだ大人になるか、学校の環境で歪んだ大人になるかはいろいろ考えられますが、どちらか一方がまともの環境であったら、けっこう子供は歪みを修正出来る真面目な大人になると思うのです。で、やっぱり学校の先生は聖職者であって欲しいのです。セイロンベンケイさんのところは夫婦円満、お子さんが歪んだ大人になる訳ないでしょう。
Commented by antsuan at 2006-08-26 18:54
今の皇太子殿下もお金の問題が苦手で、葉山の御用邸へお越しになられた時にお金を持ってこっそり買い物の練習をさせられたそうです。で、御用邸前のおそば屋さんは皇室の方からの注文でも出前をしないことで有名になってしまいました。(笑)
Commented by saheizi-inokori at 2006-08-27 11:22
面白いやりとり!
私も歪みに歪んでいったいどこがまっすぐな部分か自分でも分からなくなっています。
歪んでいない大人っているのかな。良寛さん?
Commented by antsuan at 2006-08-27 15:48
「あどけない」という言葉がいつの間にか死語になってしまいましたねぇー。
原罪という意味にも関係しますが、歪みを修正する気持ちが清らかな証拠では。ようやく自分のやったドジを笑い飛ばせるようになりました。アハハのハ。