あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

まあるいお月さま

 バス停に立って空を見上げると、雲の切れ間からまあるいお月さまが顔を覗かせている。仕事の方もようやく一息つく事が出来そうだ。今回の危機は航行中に突風が吹いて帆が破けてしまったヨットのような状態だった。幸いにマストは折れず破けた帆を急いで下ろして、代りの小さな帆を素早く取りつけ事無きを得た。

 自分でも吃驚する程、冷静沈着に動く事が出来た。職員が私を信頼してくれて各々の持ち場をしっかり守ってくれたお陰でもある。有り難い事だ。こういう時にキチッと舵取りが出来なかったら経営者の資格がない。ブログにうつつを抜かしていたからだと後ろ指を指されていたところだろう。

 日本も北朝鮮のミサイル危機を見事に乗り切った。外交と云う言葉でやる戦争に初めて勝利したのだ。驚いた事に、日本は国連に加盟して五十年以上も経つのに、今まで一度も自ら安保理決議案を提出した事がなかったらしい。今回の対北朝鮮制裁決議案が初のケースだと云う。今までいかに自主外交をして来なかったと云う証拠だろう。

 役人から外交を取り上げたからこそ出来た小泉さんの功績である。思えば、戦前も戦後も日本がおかしくなった原因は、外交と云う政治問題を外務省の官僚に任せてしまった事にある。しかも今回は米国に主導権を委ねるのではなく、日本政府がこの決議案を頑なに押し続けた事にある。米国が前に出て来なかったことで北朝鮮のもくろみは完全に崩れ、チャイナもロシアも拒否権発動の裏取引が出来ず賛成せざるを得なかったのだ。

 戦後六十年経ってようやく言葉での戦争に勝利したのだ。しかしこれで靖国神社が本能寺になる危険性は非常に高くなったように思える。
by antsuan | 2006-08-09 23:55 | 政治・経済 | Comments(6)
Commented by reiko_06sp at 2006-08-10 10:55
昨日のお月様、、きれいでしたね。今夜も見れるかな
小泉さんの任期もあとわずか、、わりと嫌いではなかった人なので
後がどうなるか、、不安です。
Commented by realutopia at 2006-08-10 22:16
お疲れ様でした!無事難関を乗り切れて良かったです。経営者としての信望がより厚くなり、組織が一段と強くなりそうですね。
Commented by mitsuki at 2006-08-10 22:35 x
嵐の後の紺碧の空がとてもキレイな一日でした。
小泉さんもモンゴル訪問で有終の美を飾れそうですね。
Commented by antsuan at 2006-08-10 23:42
サプライズの小泉さんですから、幕が下りるまで気を許せませんね。
Commented by antsuan at 2006-08-10 23:43
オット、まだまだ気を許せないのです。予備の帆がきちんとうまくはらんでくれるかどうかは風の吹き具合によりますから。
Commented by antsuan at 2006-08-10 23:45
小泉さんの心はすでに晴れ渡っている事でしょうが、その分対抗してきた国の親分は歯ぎしりをしている事でしょう。