あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「民尊官卑」を声高に!!

 自民党の総裁選挙が面白くなってきたと思ったら、福田さんが立候補を辞退するとの発表があって、安倍さんの独走が濃厚になってきてしまった。小泉劇場最終幕のどんでん返しは無いのだろうか。だが、敵が動くとしたらこれからだと思うのだ。安倍氏は脇が甘いと言われているので油断すると足下をすくわれる可能性は残っている。

 しかし福田さんは立派ですねぇー。天皇を政治的に利用する事の問題を身をもって防いだのですから。

            *   *   *

 「かんそんみんぴ」と打ち込むと「官尊民卑」ときちっと変換してくれるのに「みんそんかんぴ」と打ち込んでも「民尊官卑」とは変換されない。この私のワープロソフトと同じく、政治の世界においても民主主義を声高に叫んでいる割りには全くといって好いほど我が国では官尊民卑を改めようとしないのは何故なのだろう。

 特に残念なのは「民主党」という党の名前に民主という文字を掲げている政党が、官公労などの公務員の顔をちらちらと見て行動している事だ。私は民主的自由主義社会の日本において、商店や農業漁業経営者などの個人事業主よりもサラリーマン労働者の方が優遇される労働基本法に疑問を感じている。民主とはサラリーマン労働者の事を指すのであったら、英国の政党のように労働党と称すれば良いし、現実には共産主義、社会主義そのものであって、仮面を被っているのと同じだと思う。

 その点、自民党は先の総選挙において民尊官卑的指向をはっきりさせた。特に外交面においては官僚主導をきっぱりと拒否し、国民から選ばれた総理大臣の自らの意思を明確に打ち出す行動を取った。これこそが民主主義であり、民主党は完全にお株を奪われたのである。そのことを認めようとしない小沢さんは民主党代表には相応しくないと思っている。

 民主党は「民尊官卑」を声高に叫ぶべきなのだ。
by antsuan | 2006-07-22 12:21 | 政治・経済 | Comments(2)
Commented by seilonbenkei at 2006-07-22 23:09
「民損官費」ATOK2006ではこんなん出ましたけど(笑)
私の中では民主党って自民党の派閥のひとつくらいの感覚で、その内またひとつになるんじゃないかなんて思ってたりするのですが、ほら造反議員が復党するみたいに。そうもいかないんですかね。確かに何がしたいかよくわからない党ではあると思います。メールごときは三流週刊誌にでも流せばいいネタなのにと。
身内に公務員がいっぱいいるので、今日の記事は都合悪いな。
退散^^;
Commented by antsuan at 2006-07-23 09:42
私の周りにもお役人がいっぱいいるのですが、民間人よりも良い待遇だとはけっして思っていないのです。その辺を政治の場でもっと明らかにしておかないとト感じています。ATOKのは正しい変換です。(笑)