あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

評価するにはまだ早い

 いろんなところで小泉内閣の総括が始まっています。確かに日本の内閣としては長期政権だったので、もう終わりと考えているのでしょうが、サプライズ総理の任期は後二ヶ月もあります。その中にはサミットや八月十五日も含まれるのです。

 小泉総理は本当に運の強いお方です。辞めるぎりぎりになって北朝鮮に対する経済制裁を何処にも批判されずに決断する事が出来ました。多分、サミットでは日中首脳会談の実現も、チャイナの歩み寄りで、あると予想しています。なぜなら、北朝鮮への経済制裁をされて困るのはチャイナだからです。となれば、わざわざ八月十五日に靖国参拝をする必要はなくなるでしょう。

 これで、自民党総裁の後継者問題も靖国参拝を政治問題にせずに対応出来る事になります。去年の総選挙もサミットが終了してから動き出しました。『風林火山』の如き小泉劇場の幕はまだ下りていないのです。
by antsuan | 2006-07-13 07:18 | 政治・経済 | Comments(0)