あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

神様は何で試練を与えるのだろう

 痛風になってしまいました。昨日、東京をあちこち歩き回ったのがいけなかったみたいです。というよりもやはり運動不足だったようです。五月にやった健康診断で尿酸値が高かったのは分かっていたのですが、身体には自信があったので気にも留めないでいました。昨日の献血センターで四百ミリリットル血を抜いたときの検査では肝機能はオーケーだったのに。

 しかし、痛風の痛みは本当に苦しいです。友人がよく痛風になっていたので、そんなデカイずー体をして泣きを入れるななんて檄を飛ばしていたのですが、いざ自分がなってみると夜も眠れないほどヅキヅキーンとします。

 銀座のビアホールで生ビールを飲んだ訳でも無いのに、どうしてこんな目に遭わなければならないのかわかりません。仕事がうまくいかない時に何で神様はこんな試練をお与えになるのでしょう。
by antsuan | 2006-07-04 12:19 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/3339718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miki3998 at 2006-07-04 12:36
まあ、大変ですね。今はお休みになっているのでしょうか。
 神様は乗り越えられる人の下に試練をお与えになるのだと思います。きっと大丈夫です。antsuanさんは神様に選ばれた人なのですから。

 私も運動不足です。これから散歩がてら、本を返しに図書館に参ります。ではお大事になさってくださいね。
Commented by seilonbenkei at 2006-07-04 13:00
私の見解は置いといて、教会では(一般的に)その質問にはこう答えるようです。
miki3998さんが前半を書かれていますのでその続きを。
Ⅰコリント10:13 むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。
Commented by antsuan at 2006-07-04 17:29
miki3998さん、seilonbenkeiさん、励ましのお言葉有り難う御座います。体力の限界を感じてつい愚痴を言ってしまいましたが、痛風の辛さなんて喘息の辛さに比べれば大した事ないんでしょうね。頑張ります。
Commented by realutopia at 2006-07-04 20:26
私は16歳で若年性慢性関節リウマチを発症し、医師にも見放されましたが、その後空手を始めてから症状が軽減し、今ではほとんど痛むこともなくなりました。相変わらず白血球の数は通常の3倍ほどありますが、本人はいたって健康(のつもり)です。やはり、運動がいいかもしれません。お大事になさってください!
Commented by antsuan at 2006-07-04 20:58
やはり運動でしょうね。車通勤をやめて自転車通勤が一番健康的なんですが・・。あとは海岸の散歩ですかねぇー。でもポンコツになりかけているのに過激な事をしたらと臆病になってきています。
Commented by seilonbenkei at 2006-07-04 23:30
私の場合は喘息を利用しているだけですからたいしたことないですよ。私は病気持ちだと大げさに言った方が同情集めることができて世渡りしやすいので。お気遣いいただくと罪悪感が芽生えてしまいますやんか(笑)
あんつぁんさんこそお身体お大事にされますようい。意見の食い違いとかそんなもんは別のところに置いといて、心からそう言わせていただきます。
Commented by saheizi-inokori at 2006-07-05 10:48
私ももう何十年も尿酸の薬を飲み続けていますが幸い発症にはいたりません。でも通風になるのは心臓や血管障害になるより性質が良いと聞いたことがあります。痛いのでしょうが。お大事に。
Commented by reiko_06sp at 2006-07-05 17:27
「贅沢すると通風になる」なんて昔は言ったものですが
ホントなんでしょうかね?
それにしても、かなり痛みをともなうものとか?早期治療なさってくださいませ。
神様は試練ではなく、「経験」を与えられたと思われると
少しは楽になるかなあ・・・? 無責任?