あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

子連れセーリング

 土曜日は良い天気だったのに梅雨の晴れ間だったようで、日曜日は今にも雨が降りそうな空模様だった。それでも大きくくずれる事はないと見てテンダーを準備し、こども二人を連れて出港した。

 北の風三四メートルといったところだろうか。こどもと一緒のセーリングには丁度よい。森戸沖まで来ると数艇の機走しているクルーザーに追いついた。どの艇も子供たちを一杯乗せている。どうやら恵まれないこども達のためのボランティアクルージングらしい。

 名島の裕次郎灯台を過ぎてその艦隊から別れてセールを上げた。しかし、風が南に変わるのか落ちてきたので沖の方まで機走を続ける。ハンディGPSを見ると時速十キロもでている。エンジンが快調なのはなんとも心強い。

 エンジンを止めてセーリングを始める。ティラーはセーリングの面白さを分かってきた長男に任せた。うねりも無く風もそこそこなので操船のテクニックを覚えさせようと、風上に向かっての方向転換(タック)を繰り返しやってみた。フォアセールをサイドステーに触るぐらい引き込むと、艇は傾き力強い走りをしている。どうやらティラーの感覚が分かって来たらしい。

 この前までは艇が傾くと泣き出していた三男も、慣れてきたのか今日は詰まらなそうな顔をしている。二人とも頼りになるクルーに成長する事だろう。今から楽しみだ。
by antsuan | 2006-06-26 19:35 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/3303963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by molamola-manbow at 2006-06-27 07:54
5月の頭だったと記憶しておりますが、ダウンしている息子さんの写真が載った。
ラットを握れば、まだ前も良く見えないぐらいの年齢(身長)だと見ましたから、凄いウミンチューに育ちそうだ。楽しみですね~!
Commented by saheizi-inokori at 2006-06-27 11:42
ただただ、羨ましいです。いい親子ですね。
Commented by antsuan at 2006-06-27 12:57
 molamola-manbowさん、今までは釣り船と化していましたので、これからはスピンネーカーも展開してヨットの醍醐味を味わいたいものです。
Commented by antsuan at 2006-06-27 12:59
佐平次さん、子守だけではつまりませんからね。ちぃと、塩っけのあるところを見せとかないと。
Commented by seilonbenkei at 2006-06-27 16:54
身体を使っての親子のふれあいっていいですね。私はインラインスケートしかできません。
風に向かって切り上がっていくのは腕がいるそうですね。帆に裏打たせないギリギリのところを見つけるのが経験なのだとか。あんつぁんさんの子どもさんが、人生においても優れたクルーに育ちますようお祈りしています。
Commented by antsuan at 2006-06-27 17:28
こどもは勝手に育つとは思うのですが、いちおう拠り所だけは用意しておいてあげたいと思います。セイロンベンケイさんブログを読んでそう感じました。