あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

国会議員のタウンミーティングに出席して

 昨日は応援している国会議員の地元での国政報告会があったので行ってきました。野党ではありますが一昨年に年金問題の火をつけた参議院議員といえばおわかりでしょう。若くて次回には衆議院にくら替えすることが決まっているので、熱心に市民の輪の中に顔を出しているのです。

 その国政報告会は後半が質疑応答の時間となっていて、市民が素朴な疑問質問を議員に投げかけることが出来ます。米軍移転費用問題調査のため、グアム・ハワイの米軍基地の視察を打診したらやんわりと断られたとかで、日本の国会議員の中では国際的にもかなり存在感のある人なのですが、外交における靖国問題についての質問のときに、私にとってはちょっと気になる答弁をしていました。

 昭和史については議員の仲間と一緒に再度勉強しているそうです。そう云う姿勢は大いに評価するのですが、靖国神社の資料館に行くと止むを得ない戦争だったようなことの説明があって気になったと言っていました。そして、日本人自身によってもう一度あの戦争責任というものを検証すべきであろうとの考えを表明していました。

 そう云えば読売新聞も近代の歴史の検証をしています。しかし歴史の真実を探り戦争責任を日本人の立場で問い直せば問い直すほど、外交問題は解決しないと思うのです。なぜならば基本的に東京裁判を否定することになるからです。チャイナや韓国のみならず連合国から非難の声が上がることは間違いありません。

 したがってそんなことはせずに、靖国問題を外国から云われたらぴしゃりと言ってやればいいのです。「東京裁判を取り仕切った連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の総司令官だったマッカーサー元帥が米国議会で『あの戦争は日本にとって自衛のためのものだった』と明言しているのですよ」と。

 それ以外は言う必要もないし余計なことを言うからおかしくなるのである。
by antsuan | 2006-06-25 19:57 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/3299052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さかぴー at 2006-06-26 11:52 x
まいどー。まめにブログ更新していますね。週末のクルージングもいいですね。相変わらずブログの内容はわたしには難かしすぎですけどぉ。。。。まっのんぴりやりましょ。ところでお宅の裏の喫茶って客きてるんですかぁ
Commented by antsuan at 2006-06-26 15:57
ちょこちょこお客が入っているようですよ。ご主人がパイロットとかでその関係のお客さんのようですけれど。さかぴーさんは釣り船の客ではなく船頭さんだと思っていました。