あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

おかしくないか、こどもへの「金融経済教室」

 東京証券取引所がこども向けの金融経済教室を開いてお金や株式の仕組みを丁寧に教えているという記事が読売新聞に載っていた。けっして悪い事ではないと思う。が、何となく割り切れない思いがする。

 確かに拝金主義をいさめる教育の一環なのだろうけれども、出来れば高校とか大学の教養部あたりの学生を狙い、教室を開いてもらいたいものだ。というのも、こどもにいきなり金が金を産む事を教えるのは危険だと考えるからだ。お金は汗水垂らして手に入れる事をまず教えて欲しい。初めにお金ありきの考えが頭でっかちの東大生をつくり、第二の村上ファンドの代表みたいな人間に仕立て上げてしまう気がして成らない。
by antsuan | 2006-06-20 12:33 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(2)
Commented by seilonbenkei at 2006-06-20 17:49
ライブドアの株主総会で、高校生が質問したとかいうニュースを見ました。笑われるかもしれませんが、高校生で株って私ついていけません。
全然違う話ですが、我が家は娘に携帯を禁じています。料金のこともさることながら、電話っていうのは「はい、○○です」と名乗ることからコミュニケーションがはじまると思っています。携帯の場合はそれがないでしょう?
便利グッズは基本ができてからと教えてるのですが、クラスで携帯持ってない子は3人だと嘆きます。誇りに思えと言ってあるんですが、まちがいでしょうかね、こんな躾って。
Commented by antsuan at 2006-06-20 18:12
自分のこどもの躾も出来ないのによそ様の事なんて言えません。
わが家ではこどもにもケイタイを持たせています。費用が馬鹿になりませんが通話明細を毎月チェックしています。持たせている理由は安全管理が第一です。ところが一番素行をチェックしたい次男の奴は電源を切ってしまうので居所を確認出来ない!