あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「格差」というよりも「不公平」

 ここ数年、「勝ち組・負け組」「下流社会」などの言葉が流行している。そして、今度は「格差」という言葉が話題に上ってきた。

 しかし、ニートとかフリーターとか横文字の自由人が増えている現実は、人の生き方が多様になった証拠で何をもって格差が有ると云うのか曖昧だ。若い女の子などは所得が少なくても有給休暇をバンバンとって海外旅行などをして楽しんでいる。男の子だってそうだ、お金を貯めることに執着せず遊ぶことに忙しい。

 このような今の社会の現実を表すならば「格差」というよりも「不公平」という言い方の方が適切ではないかと思う。パートや自営業の人が一生懸命働いても報われない社会になってきている。これを「格差」と云う言葉で誤魔化してはいけない。「不公平」とはっきり云うべきなのだ。

 一昔前までは「能力主義」と云う言葉が流行った。これも誤った考え方で、これを徹底させた企業は業績が悪くなって立ち直れないでいる。長い目で見れば能力を発揮する人材がみんな辞めてしまったのだ。

 そのことから考えるに、「格差」と云う言葉が独り歩きしないようにしなければならない。「格差」つまり「不公平」が広がっているのは、公務員と民間人の間だけだと考えている。最近まで「同和」と云う言葉を悪用して社会主義者と称していた人間が甘い汁を吸っていた。同じように「格差」という言葉を悪用すると働かない似非社会主義者までも優遇してしまうことになりかねない。
by antsuan | 2006-05-24 19:37 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(4)
Commented by mitsuki at 2006-05-24 22:24 x
格差という言葉は、一流大学を卒業しないと幸せになれないという前提があるような気がしてなりません。
一体何処の「有識者」がそんな判定を下すのでしょうね。
少なくても私の住んでる世界では、大学を出た監督と中学しか出てない職人さんが対等に付き合ってますよ。
私も労働者の見方を標榜しながら、労働を卑しんでいる社会主義者が大嫌いです。
Commented by antsuan at 2006-05-25 07:58
専売公社(今の日本たばこ)では、同じ大学卒でも国立大学出と私立大学出とは給与および待遇にはっきりと格差をつけていました。これを知った時のショックはいまだに忘れられません。
Commented by セイロンベンケイ at 2006-05-25 12:38 x
私の憩いの場である(笑)パチンコ屋の中では「勝ち組・負け組」なんて言葉が飛び交います。私はそれほど手痛い目にあったことがないせいか、格差ではなく均等化差異のようなものと考えています。が、店が客を選んで遠隔操作をするなんて噂もあり、それが事実だとするとパチンコ社会には格差かあるのかも(笑)
余談ながら上の方のコメントにあるように、キリスト教社会にも牧師の給料に所属教団による格差があります。私の教団は「官」の方です。神様って不公平だなと思ったりします。
Commented by antsuan at 2006-05-25 20:58
内村鑑三もそういうキリスト教社会の国家(米国)に幻滅して帰ってきたのでしたね。「人になれ、奉仕せよ」は私の卒業した高校の校訓ですが、この年になってようやく理解できるようになりました。