あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

民主党は単なる野党に成り下がった

 そろそろ日本もサッカーのワールドカップムードになってきました。経済の方もそれにつられた訳ではないでしょうが活気があります。では政治はというと、会議は踊るといいますが、相変わらずトンチンカンなことをやっているようです。

 全くどうしてしまったのでしょうね。最大野党の民主党がズッコケてしまったら、憲法改正も教育基本法もマスコミはどうでも好いような書きっぷりです。争点になるようなところを掘り下げようともしないようです。

 民主党は小沢さんが代表になってどうにかまともな野党に戻ったようですが、ただそれだけって云うか、相変わらず中身のない事ばかりやっています。何でも反対の旧社会党と変わらなくなってしまいました。しかも、変わらなくてはいけないと言っている小沢さんが、自由主義から社会主義に変わってしまったのでは、単なる抵抗勢力でしかありません。

 小沢新代表に国民はそんなことを期待していたのでしょうか。そうではないはずです。国民は民主党に中身のある政策を出して欲しいと願っているのです。しかし、どうやらそれは期待出来そうもありません。
by antsuan | 2006-05-16 22:50 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/3101374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。