あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

エロチックな詩人

フランス帰りの詩人、堀口大學の詩集「月かげの虹」をひも解いてみる。

     凸凹人生
          生と死と
          性と詩と
by antsuan | 2006-04-18 22:58 | 身の回り・思い出 | Comments(0)