あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

コンデンサースピーカーのこと

 スタックスというヘッドフォーンメーカーをご存知でしょうか。コンデンサースピーカーという、百パーセント手作りのヘッドフォーンを作っている会社なのです。たまたまこの間ヨドバシカメラでパソコンの部品を探していたら、このメーカーのヘッドフォーンがおいてあったので懐かしくなってしげしげと見つめてきました。昔と変わらず、量販店には不似合いな値段がついていました。ヨドバシカメラにあったのが不思議です。またオーディオブームがやってきたのかも知れません。

 エフエム放送が始まり、ディスクジョッキーの深夜放送番組が増えてきた、レコード全盛の時代ですから四十年も前のことになりますが、従兄弟が音響機器メーカーに就職していて、音楽そのものではなくオーディオ製品に興味を持ち始めた頃で、アンプはその従兄弟から安く払い下げてもらい、プレーヤーは秋葉原へ行って輸出専門メーカーのものを買いました。そしてスピーカーといえば、その当時はJBL、タンノイ、テレフンケン、アルテコなど有名なものが沢山ありましたが、とても手が出せるものではなく、結局日本製のスピーカーと日本製のエンクロージャー(スピーカーボックス)を買って組み立てて、映画のサウンドトラック盤のレコードを聴いていました。

 しかし、本物のオーケストラを聴いたことがある訳でも無く、ジャズ喫茶や生のピアノを聴かせるバーに行ったことがある訳でも無いのに、やはり何か物足りない感じがするのです。あの映画館で聴いた本当のサウンドトラックの響きに浸りたいと思って、その頃出始めたサラウンドの四チャンネルアンプのステレオが欲しくなりました。

 さらに青山に住んでいた別の従兄弟はエレキギターをやっていて、あのデカイ、アンプ付きのスピーカーが羨ましく思ったりもしていたのです。と言っても、もうその頃は深夜族になっていましたので、夜好きなだけ音楽が聴けるヘッドフォーンも魅力でした。そのことをあの従兄弟に話すと、それだったら新しくでたスタックスのコンデンサ型ヘッドフォーンしかないと云われて、黙ってそれを買ったのです。

 開放型のヘッドフォーンから聞こえる音はヘッドフォーンとは思えないほど臨場感溢れるきれいな音でした。正直いってもうほかのスピーカーから聞く音に満足出来なくなってしまいました。音の再現性がものすごくいいのです。

 じつは最近、このヘッドフォーンスピーカーのエピソードを読んだのですが、音の再現性がものすごく良い為につまらない音に聞こえるのだそうです。つまり楽器の出す音がそのまま当たり前の音で聞こえるのでつまらない音になるそうです。そうしてどう言う訳かヨーロッパや日本でもこのヘッドフォーンを注文してくるところは、放送局やレコード会社のディレクターなどではなく技術屋さんで、その理由は音楽というよりはむしろ、僅かな雑音、異音をチェックする為らしいとのことでした。

 この話を読んで四十年後の今ようやく、あの当時に聴いたレコードの音がなんだったか分かりました。スタジオ録音した曲はライブ録音とは全然違うつまらない音だったのを。そして、実際に演奏会に行って聴いても、でかいスピーカーを使ってがんがん鳴らしている曲や歌は全く本物の音に感じられなかったのが、間違いではなかったことをです。
by antsuan | 2006-04-17 14:08 | 身の回り・思い出 | Comments(2)
Commented by knaito57 at 2006-04-17 18:54
技術の進歩はどの分野でもめざましいけれど、私はちょっと気づきにくいオーディオ関係のそれに感嘆しています。ヘッドフォンにかぎっても驚くほどの進歩です。今では普通の再生装置でも、マニアで知られた五味康祐の何百万円もかけた音に劣らない音質を得られるんですから。(間接的ながらAppleの貢献も大きいですね)★STAXへのインタビューを興味深く読みましたが、聞き手はどういう人なのですか? 「ピュアな蒸留水が必ずしも一番うまい水ではない」という話を思い出したり、「純粋な技術的世界と人の感覚との微妙な関係」についてあれこれ思いめぐらしました。
Commented by antsuan at 2006-04-18 08:11
音楽はからっきしダメなのですが、本物を求める欲望というか、それをかなえてくれた製品の一つです。アップルも大分貢献していますね。聞き手については価格ドットコムから行き着いたページなのでよく分からないのです。