あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

神頼み

春嵐の中、伊勢参りへ
 春休みのビックイベント、伊勢参りの日帰り旅行へ行ってきました。関西からではありません、三浦半島の付け根の葉山からです。仕事の関係から休みがとれず、結局日曜日だけの日帰りにしたのですが、往復千キロ近くの自動車運転は本当に疲れてしまいました。電車好きの高一になる長男は電車で行き、現地の駅で待ち合わせする事にして、次男と三男、それに妻とのドライブです。夜中の三時に出発して、朝の九時半には到着しました。

 何故そんなことまでして「伊勢参り」をと思うでしょうが、どうも仕事がうまくいかないので最後は神頼みと云う気持ちなのです。誰かが言っていましたが、神頼みは自分を追い込まない為の精神安定剤なのです。やるだけやってうまくいかなかった時、それは神の思召しなのだと考える事で自分は救われると云う訳です。神を信じない自己中心的な人ほど、社会問題を起こしている事からも分かるように、人間の力が及ばないものがこの世にはあると認識する事が必要だと思うのです。

 地元の氏神様でも良かったのですが、いつも伊勢の友人からいただいていた御札を今年は都合で届けてもらえなかったので、やっぱりその所為で御利益がないのではないかとちょっと気になっていたことも事実です。

 戻る途中で鈴鹿サーキットの遊園地にも寄り、家族旅行の楽しさを味わう事が出来ましたし、行き帰りの東名高速道路から眺める浜名湖の桜並木は、辛い長距離ドライブを和ませてくれました。
by antsuan | 2006-04-03 12:23 | 身の回り・思い出 | Comments(0)