あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

米国の日没の始まり

 世界一の自動車製造会社ゼネラルモーターズが経営危機に陥っているようです。ブッシュ大統領はテキサス出身ですので、地元の石油産業の為には政治力を使っているのでしょうが、北部の基幹産業には関心があまりないのかも知れません。米国はやはり南と北で別々の国になっていた方が良かったのではないでしょうか。

 いずれにせよゼネラルモーターズが破綻したら、米国型資本主義産業の終焉を意味するものと考えてよさそうです。もっともユダヤ的資本主義社会は益々力をつけてくるのかも知れませんが。
by antsuan | 2006-03-08 16:56 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(2)
Commented by knaito57 at 2006-03-09 09:41
哀しいことに「東は東、西は西」というのは、人間の抜きがたい感情ですね。映画など観ても、南部と北部、西部と東部という角逐や行き違いは人種問題に劣らぬほど根深く、同じことは世界各国にあります。“川むこう”など、私はそういう「人間のレッテル付け」を自戒してきたつもりなのですが、それでも自身“東京もん”の臭気は抜けません。上に立つ人ほど、自らの地域性を超越してほしいものです。
Commented by antsuan at 2006-03-10 07:37
闘争心が本能ならば差別することも当然自然の摂理なのでしょう。その中でいかに相手の存在を認めあうかが問題なのでしょうね。