あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

日本の教育者よ目を覚ませ

 新渡戸稲造の「武士道」を読んでいますが、なかなか一気に読み切れないでいます。彼は武士道的謙虚さをもって、しかも完璧で分かりやすく日本の精神文化を英文で紹介しているのですが、弁護士が被告人に代って弁護するように、ラフカディオ・ハーンのような外国人が日本文化を紹介してくれているが、やはり被告人(日本人)自身の訴えを直接聞いてもらいたい気持ちで本にしたと述べています。

 まるで、何かブログの原点を見たような気がします。それにしても新戸部稲造氏は凄い。教育者即ち聖職者を地で行っています。そしてまた、武士道精神はキリスト教精神に内包されることまで丁寧に説明しています。

 しかし、敗戦によって日本の精神そのものを否定されてしまった傷はあまりにも深く、今の日本の教育界にも彼のような立派な人がいるのでしょうが、日本人ではなく地球人ですと称する日本人が出てきた事に、天国にいる新戸部稲造は嘆き悲しんでいるのではないでしょうか。
by antsuan | 2006-02-24 13:25 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/2738424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。