あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

スクリュウに藤壷が着いていた!

 またまたやってしまいました。しばらく艇の整備をしていなかったがために危うく遭難するところでした。そう云えば、この前の土曜日には油壷の手前のシーボニアから出た一人乗りのヨットが無人で鎌倉の由比ヶ浜に漂着すると云う遭難騒ぎがあったばかりです。

 こちらのドジはというと、スクリュウに藤壷が着いているのをよく確かめもせず、エンジンをかけ舫いを解いてしまい、風に流されそうになってしまったのです。前にも同じ過ちを犯した事があったので、すぐに気がつき、舫いのところに戻ろうとしたのですが、そのたった二十メートルが進まないのです。我慢する事数分間、ようやく惰性のついた艇は舫いのところまでたどり着きました。

 本当はヨットなので、帆を揚げる準備をしていればそれほど慌てる事もなかったのですが、風がなかったのでその準備すらしていませんでした。海を甘く見てはいけないと思いながら、天気が良いとついつい手を抜いてしまうのが命取りになってしまう原因なのです。気をつけないといけません。
by antsuan | 2006-02-07 16:38 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(0)