あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

心理学に頼る劣化した米国の大学


 数年前、ハーバード大学が日本人留学生の呼び込みに躍起になっていると云う報道を耳にしました。現実には、お金持ちのチャイナの若者や韓国の若者がたくさん入学して来ており大学の運営資金には事欠かないはずなのですが、産学協同研究、軍学共同研究が当たり前の米国では、研究生や学生に研究成果を盗まれたりあるいは横取りされては困るので、そういう心配の無い外国人留学生はといえば、それは日本人という事なのでしょう。

 では何故、日本人留学生が米国の名門大学に行かなくなったのでしょうか。日本人留学生のレベルが下がったからでしょうか。そうでは無いでしょう。情報通信技術が進んだことによって、今まで名門大学に行かねば学べなかったことが、日本にいても十分に学べるようになったからだと思います。

 しかし、わたしはそれだけでは無いと思います。日本と同様、米国も御用学者が幅を利かせて、大学研究そのものに魅力がなくなったことが最大の原因であると感じています。情報の印象操作ばかりをして真実を探求しようとしない大学に日本人は興味など無いのです。

 ちなみに今日、十二月八日は日本帝国海軍が真珠湾を攻撃した日ですが、この攻撃は「奇襲」でも無ければ「だまし討ち」でもありません。「真珠湾」はルーズベルト大統領が仕組んだワナだったことは、解禁されたウルトラトップシークレットから明らかになっていますし、フーバー大統領、マッカーサー元帥、ケネディ大統領、キッシンジャー特別補佐官などの政府の要人や国会議員は、既知の事実として認識していたことなのです。

 ですから、WGIPに洗脳されていたことを知った日本の若者が米国の大学に興味を示さないのは当然のことでありましょう。


d0001610_15173119.jpg





【大和魂とは心の文明である】

by antsuan | 2017-12-08 12:13 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/26214817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cocomerita at 2017-12-09 18:08
Ciao antsuan
Antsuan の記事は途中までは納得して、コメントしようと思うんだけど
最後の部分で あちゃーまたか と萎えちゃって コメント書けず 読み逃げ続いています 苦笑

パールハーバーの真実がどうだったかは、私たちは知る由はありません
でもね、
百歩譲って騙されたとしても(私はそうは思っていない) 軽々と騙されちゃった方にも責任はあると思っています
あの、そろそろ 騙された とか 誰かのせいで、とか言う 被害者意識のようなもの、もしくは責任を誰かに加担するようなこと
やめませんか?
なんでかって antsuan 良いこと言ってるのに、それを出しちゃった途端に その良いことがその健やかな響きを失うからです
だから勿体ない
少なくとも私にとっては、、、ですが。
だから、まあわざわざ言わなくて良いんだけど 私 antsuan のこと嫌いじゃあないし、antsuanの望んでいるところも分かる気がするから
あえて言いたくなりました

起きちゃったことは起きちゃったことで、他者を酷評する前に まず自分のなり、この場合は日本とアメリカね
を正すことが先だと思うんですよね
他者をけなしたからと言って こっちの評価が上がるわけではないのですから、。

愛と敬意を持って 昔の馴染みにおんぶして 書かせていただきました
でも まあ、余計なお世話かもしれないんで、失礼に響いたらごめんなさい
悪意は全くありません
Commented by antsuan at 2017-12-10 18:21
・cocomeritaさん、読み逃げしないでどんどん書いて下さい。(笑)
そちらのブログでのコメントはなるべく穏やかに書くつもりですが、自分のブログですからね、こちらでは言いたいことや思っていることを率直に書き続けたいと思います。

歴史の真実に向き合わなければ、また、あの戦争を起こした者の責任を問わなければ、この世から人種差別はなくなりません。
今なお民族浄化(エスニッククレンジング)があちこちで進行しているのを忘れていませんか?
チベット、ウイグル自治区(トルキスタン)、旧ユーゴスラビア地域等々。それだけではありませんね、ネイティブアメリカン、ネイティブオーストラリアンも保護と云う隔離で消滅する運命が待っています。
あの時代、民族浄化を積極的に実行していたのはヒットラーだけではありません、スターリン、チャーチル、そしてルーズベルトも同じです。
日本は、大東亜戦争に負けて占領されましたが、奇跡的に滅亡は免れました。しかし日本民族のエスニッククレンジングが無くなったと考えるのは早計なのです。実はウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムこそが遠大な日本民族抹殺計画であり、それがうまくいっているからこそ、柳下のドジョウを狙って、あちこちで戦争を仕掛けているのです。
ですから、世界平和、人類の共存を願うならば、本当の戦争責任者を放っておいてはならないのです。
Commented by cocomerita at 2017-12-10 19:55

世界中の悲惨な現状は把握してますよ
ヨーロッパにいると 日本にいる時の何倍もそういう情報は入ってきますし、そういう現状に突きつけられますから、、
そういう事を言ってるのではなく、
被害者意識を辞めませんか ってこと
戦争責任 追求大賛成
それでは日本の自己責任から認識したいものです 苦笑
まずは自分のとこから 浄化しないとね
川下きれいにしても川上濁っていれば 汚水は川下に流れ続けます
Commented by antsuan at 2017-12-11 09:57
・>それでは日本の自己責任から認識したいものです
cocomeritaさん、日本人の自己責任感を悪用したのがWGIPなのです。

勝者は歴史を捏造するのが世の常です。幕末からの日本は世界史の中で見ないと真実は見えてきません。
受講料は高いですが、西鋭夫スタンフォード大学フーヴァー研究所教授の歴史講座を受講することをお勧めします。「スタンフォード西鋭夫の講演録 誰も言わない明治維新の真実」は送料だけで手に入ります。http://prideandhistory.jp/lp/nikoumj/lp2/adw1.html?gclid=EAIaIQobChMIpuSkuN6A2AIVRiQrCh1MtQcfEAAYASAAEgIFYvD_BwE