あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

実は既に日本は侵略されているのです。(報道されない真実に目を向けよう)

 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」と、日本国憲法には記されていますが、外国国民を信頼して自国の平和が保たれたことは、歴史上一度もありません。

d0001610_11002198.jpg

d0001610_11002787.jpg

 戦後の日本国の実態は米国の植民地です。日本人だけが知らない世界の常識なのです。何故、「在日」が大きな顔をしているのか、なぜ、チャイナの人たちが日本の法律を平気で無視するのか、原因はここにあるのです。

 つまり、日本は独立国ではないのです。独立国でない以上、日本国民に主権などありません。





【大和魂とは子孫を愛する心のことである】


by antsuan | 2017-07-05 12:30 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/24725307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sweetmitsuki at 2017-07-06 04:58
東京の新大久保もそんな感じですよ。
歩きながら外国語でスマホで大声で会話してたり、一歩路地裏に回ってみれば、生活ごみが無分別に放り散らかされてたり。
Commented by antsuan at 2017-07-06 09:18
・マスメディアが報道しない真実。いままでは、閉ざされた言語空間の中で「自由だ」「民主主義だ」と叫んでいただけなのですよ。
しかし、2チャンネルの西村博之氏により、閉ざされていた言語空間の壁に穴が開き、マスメディアに頼ることなく、世間の真実を知ることが出来るようになりました。それをスキャンダルというならば、スキャンダルこそ報道されるべき真実なのです。
わたしは西村博之やジュリアン・アサンジやエドワード・スノーデンに文化勲章を授与すべきであると思っています。