あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

トランプ大統領! それは、あなたがたの神の意向に叶うものなのですか?

 米国はベトナム戦争の二の舞いを演じて中東情勢から手を引くことが出来なくなってしまいました。そして、その解決のためにロシアに協力を得ないとならない事態にまで陥っています。

 米国は、なんとか大統領が代わったことを利用してロシアとの関係の再構築を図り、中東国家の主権を無視したまま中東問題を解決しようとしているようです。

 
三記事とも東京新聞より抜粋
d0001610_14584700.jpg
d0001610_14585283.jpg
d0001610_14585761.jpg

 また、他の事件で世間の目をはぐらかすのは情報戦争の常套手段です。新聞の記事を読むと、そのような、かなりの熾烈な情報戦が垣間見てとれます。

 それらを頭の中に入れて世界情勢を見てみれば、朝鮮半島問題を単純に考えるべきではなく、中東問題との絡みで、ロシアとの裏取引に使われていると見て間違いないでしょう。

 しかし、朝鮮半島の民族はいざ知らず、中東諸国の民族はそのような解決方法で満足するはずがありませんから、大国の目論見は必ずや失敗し、ますます世界情勢は不安定なものになり、侵略国家が崩壊するまで戦争は続くと思われます。

 そうです、米国における北朝鮮攻撃は、第三次世界大戦の火蓋を切ることになる可能性が大きいのです。
 



【大和魂とは子孫を愛する心のことである】





 では、日本はどうなるのでしょうか。

 まず、米国は北朝鮮に日本を攻撃させると思います。そうしなければ、米国が北朝鮮に攻撃する大義名分が付かないからです。大義名分が付かないまま北朝鮮を攻撃したら、ブッシュ(息子)大統領が国民を騙してイラク戦争を始めたことに気付いている米国国民が黙っていないからです。

 ですから、真珠湾攻撃のように、米国国民が納得するような、またチャイナやロシアも納得するような、日本にかなりの被害が出る物凄い仕掛けを仕組んでいると見ておかねばなりません。

 その時、日本国民が主権回復に目覚めて独立運動を起こすかどうか。日本の平和と世界の平和が不可分なものであることに日本人が気付かなければ、ハルマゲドンはやって来るでしょう。


by antsuan | 2017-04-14 19:00 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/24088548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sweetmitsuki at 2017-04-14 20:18
たった今。新宿地下エレベーター工事から帰ってきました。
いや、不眠不休は本当につらいです。

日本には平和憲法があるのですからこの件に関して軍事介入すべきではありません。
むしろ脱北者を難民として受け入れるのが情報戦にしても最善の解決策なのではないのでしょうか。

そんなことをしたらコリアンタウンのある新宿は混乱するかもしれませんけど、その時は私が新たにエレベーターテクりますから大丈夫です。
Commented by antsuan at 2017-04-14 21:40
・突貫工事ですか?お疲れさまです。
東京湾直下型地震が起きると、たとえ三十センチの津波でも、地下は殆ど水没してしまうそうですので、お気をつけください。

日本は、米国の植民地であり、戦利品ですからね。米国大統領がイエス・キリストの神の意向を無視するのならば何でも有りです。
WAIPに洗脳された日本人は、かつてのユダヤ人が黙ってガス室に行ったように、平和憲法を守って、黙々とフクイチ原発の格納容器に入ることになるのかも知れませんね。
日本がチベットのようになるのはそう遠い未来ではなさそうです。
Commented by cocomerita at 2017-04-18 19:50
ciao antsuan
こういう人々に神の存在語っても 無理でしょ 苦笑
神も仏も金と権力の前には押入れにしまわれる、、というか、ドブに捨てられる
イタリアではこういう末世の世の中を称して宗教のない世界と呼びますが、
まあ、その肝心のお膝元カソリック大教会 バチカン市国も、もはや、、と言うか、
人々を管理、支配するためにできたのですから、当初から魔の手であり
キリストがいたとしたら、墓の中で もんどりうってることでしょう
Commented by antsuan at 2017-04-18 22:02
・cocomeritaさん、宗教のない世界の米国の弱点は宗教論争を仕掛けられることです。歴史のない国だと云われるのが一番いやなんです。
人民の人民による人民のための政治の有名なせりふは、実は、米国は神の意向よりも市民の欲望を優先すると宣言しているようなものです。
つまり、立憲民主主義社会は宗教のない世界のことですから、宗教論争を仕掛けられたら、負けるのは明らかです。