あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

仕事先に泊まり込みの日々が始まりました。

 とうとうと云うか、やっぱりというか、本当に「月月火水木金金」の仕事をすることになりました。

 六十をとうに過ぎて何でそこまでしなくてはならないのか、自分でも悔しい思いなのですが、我々の子孫に好い社会を残すために、人間は生きているのだと思っているので、ある意味、老人冥利につきると云うものです。

by antsuan | 2017-03-31 14:29 | 身の回り・思い出 | Comments(2)
Commented by mimizu-clone at 2017-04-02 23:45
他に言葉を思いつきません。
「ふんばって!」。
近くなら手伝いに行くんですけどね。
お友達価格で、時給1,000円でいいです(笑)
Commented by antsuan at 2017-04-04 13:31
・そうなんです。ここが踏ん張りどころなんです。
ここまで追いつめられると、運営形態を変えなきゃならない時期に来ているような気がします。
「困れ!困らなきゃ何も出来ない!チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れよ!」
本田宗一郎の言葉を噛みしめています。