あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

脱原発が米国を大国の座から引きずり下ろす切っ掛けになることは間違いない

東京新聞より抜粋
d0001610_13161258.jpg
 英国のポンドが世界の基軸通貨になったのは、金本位制によるものではなく、石炭という新しいエネルギーを世界に先駆けて支配したことが大きく影響しています。

 同様に、その後、米国のドルに基軸通貨が移ったのも、石油という新しいエネルギーを支配したことによるものといえます。

 ところが、二十一世紀になって、米国が石油資源を独占出来なくなってくると、ドルの基軸通貨としての地位が危うくなってきました。

 米国がイラク戦争を起こした理由は、イラクのフセイン大統領が、産出した石油の決済をドルでではなく他の通貨にしようとしたからだといわれています。

 また、大福祉国家だったリビアのカダフィ独裁政権の崩壊も、真相は、アラブ圏での独自の基軸通貨を創ろうとしたカダフィ大佐を暗殺するのが目的だったようです。

 確かに、石油に代わる新しいエネルギーが見つかり、それを米国が牛耳ることが出来なければ、間違いなくドルは基軸通貨としての地位を失うでしょう。

 石油に代わる新エネルギーの有力候補が原子力エネルギーです。米国は、石油とこの新エネルギーを牛耳っている限り、ドルの基軸通貨としての地位は安泰であると考えていたに違いありません。

 ところが、福島第一原発の事故により、原子力が新しいエネルギー候補としての地位を失い始めました。その衝撃がどれほど大きいものであるかは、躍起になって原発の再稼働を勧めていることからも、想像がつきます。

 逆にこのことを見据えれば、米国を大国の座から引きずり下ろすには、石油や原子力以外のエネルギーを開発すれば良いことが容易に分かるでしょう。大国の座から下りれば、米国は日本を植民地として押さえ込むことは出来なくなります。

 小泉純一郎がそこまで考えて「脱原発」を唱えているかどうかは分かりませんが、彼が愛国心のある超一級の政治戦略家であることは間違いありません。


【大和魂とは子孫を愛する心のことである】


by antsuan | 2016-11-07 18:21 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/23601600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。