あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ジョン万次郎は勝海舟の先生であり、明治維新を成功させた影の英雄である。

 東京新聞「筆洗」は時々秀逸のものがあるので、なかなか購読をやめられません。
d0001610_15230319.jpg
 馬鹿の番付の横綱に「魚釣りをしている人を見ている人」があげられているというお話し。また、日本人がつく三つの嘘「選挙前、恋愛中、魚釣りの後」についても、思わずニヤリとしてしまいますが、魚釣りの風刺画といえば、フランス人画家ジョルジュ・ビゴーの日清戦争を揶揄した絵が有名です。
d0001610_15175257.jpeg


 さて、「西鋭夫教授の歴史講座」にも魚釣り、正確にいえば、捕鯨の講義があります。「スパイか維新の英雄か? ジョン万次郎」という題目です。

 ジョン万次郎は土佐藩の読み書きも出来ない漁師でした。十四歳の時に遭難し、鳥島で米国の捕鯨船に助けられ、米国の学校を出て、捕鯨船の立派な航海士として世界一周の大航海を二度ほど成し遂げた後に、日本へ戻って来ました。ペリー提督の蒸気船がやって来るホンの数年前です。

 ジョン万次郎は魚釣り(捕鯨)をやめて旗本のお侍になります。

 そして、日米修好通商条約の批准書交換という重要な任務を担った咸臨丸に勝海舟と共に乗り、航海士兼通訳として太平洋を往復して帰ってきました。その間三ヶ月、ジョン万次郎は艦長勝海舟の下で仕事をしていたことになります。

 ご存知のように、この咸臨丸には福沢諭吉も乗船しており、彼は後に、艦長の勝海舟は船酔いで自室から一歩も出なかったと揶揄しておりますが、果たして、勝海舟は船酔いでひっくり返って寝て居ただけでしょうか。

 ジョン万次郎は学校に通っている間、偶然でしょうが、ペリー提督の住んでいた街に居ました。そこで、捕鯨船の補給基地として、米国が日本を植民地にしようと狙っているという情報を、耳にしていたとしても不思議ではありません。

 彼が、恵まれた不自由の無い生活をしていたアメリカ東海岸を後にして、日本に戻ってきたのは何故でしょう。

 彼は、すべての大陸が白人の植民地となっていることを、実際に目の当たりにしています。これは、西鋭夫教授ではなく、わたしの想像なのですが、ジョン万次郎は祖国が白人の植民地になってしまうことを憂いて戻って来たのではないでしようか。

 彼は、「魚釣りをしている人を見ている人」のような、馬鹿の番付の横綱になりたくなかったのです。

 おそらく、咸臨丸の艦上において、いや咸臨丸の艦長室において、艦長と航海士という関係を利用して、ジョン万次郎は勝海舟に自分が見聞きしたすべてを伝えたに違いありません。

 勝海舟を有名にしたのは、西郷隆盛との直談判で、江戸城無血開城を成功させたことです。勝と西郷が、日本のおかれた実情を認識し合意したからこそ、国家を疲弊させる内戦を避け、日本人が一丸となって本物の敵に備える体制を創ることに成功したのです。

 もし、ジョン万次郎が日本に戻って来ていなかったら、そして、咸臨丸に乗船していなかったら、明治維新は成功せず、日本は清国とおんなじ運命を辿っていたかも知れません。


 
 

 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2016-09-23 23:14 | 政治・経済 | Comments(6)
Commented by sweetmitsuki at 2016-09-25 18:55
江戸時代の話じゃないですけど、醤油を大量に飲むのって兵役逃れのためだったんじゃあないのでしょうか。
だとしたら、西の横綱の馬鹿は徴兵を課す政治家でしょうね。

古代の釣り針、私も拝見したことがありますけど(鹿角製でしたが)あれは実用というより海幸山幸神話のような祭祀に使うものだったような気がします。
勝海舟とジョン万次郎の密談といい、歴史の裏話には興味が尽きません。
Commented by mimizu-clone at 2016-09-25 22:30
一般的に、魚が釣れなきゃ釣りなんておもしろくもなんともない、、、と思います。
でも、例えばヘラブナ釣りを好む人間は、針をつけていない糸にエサだけつけて、浮きが動くのを眺めることを楽しんだりします。
これはやっぱりバカなのでしょうが、どういう種類のバカなんでしょう(笑)

明治維新って、立派なことだったのでしょうか?
あんつぁんいつも言ってるじゃないですか。
江戸時代が一番日本人が日本人らしく暮らしていたって。
Commented by antsuan at 2016-09-26 16:16
・sweetmitsukiさん、ほうっておけない程の馬鹿なので、馬鹿の横綱は政治家ということに異論はありません。
明治維新、前にも書きましたが、日本を世界史の中で見ないと真実は見えて来ないのです。
そして、そのことは現代の日本についてもいえることなのです。
福祉大国だったリビアが何故崩壊したか。
それを突き詰めると、明治維新のすごさがわかります。
Commented by antsuan at 2016-09-26 16:27
・みみずさん、そういう馬鹿は幕内にも入らないんじゃないかと・・。
明治維新ってどんなに凄いか、米国の強引なまでのイラク戦争やアラブの春の真実を知ればわかります。
Commented at 2016-10-14 22:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by antsuan at 2016-10-16 21:27
・鍵コメ2016-10-14 22:23さん、漁夫の利にあやかろうとすると、ろくでもないことになると云う体験談、ありがとうございました。