あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「9条は幣原首相が提案」の東京新聞記事は誤報というより捏造に近い

 当時のGHQに関するアメリカ側の超機密公文書は既に公開されていて、スタンフォード大学フーヴァー研究所の西鋭夫教授がその詳細について発表しています。

d0001610_6222550.jpg

 従って、この新聞記事にある新たな史料が、西鋭夫教授の発表した報告を覆すほどのものであるならば、それは大問題であり、新聞のトップ記事に載せるのが確かに適当であります。

 しかし、そのような超機密史料も検証しないで、「『今の憲法は戦勝国の押し付け』との根拠は弱まる」と記載するのは、誤報というよりも捏造という方がぴったりします。

 フーバー大統領回顧録には、「大東亜戦争は狂人ルーズベルトが仕掛けたものであり、そのことにマッカーサーGHQ最高司令官も同意している」と、記されているのにもかかわらず、このアメリカ人も驚愕するような歴史の真実を、未だに日本のメディアは公にしようとしません。

 以前にも何度か書きましたが、日本人がウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)の洗脳から解き放たれるには、八月十五日を終戦記念日とするのではなく、アジア解放記念日として祝日にする必要があります。

 それが、歴史となった大東亜戦争の真実なのですから。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-08-12 07:08 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/23392515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。