あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

新東京都知事の破壊力

 日本の政治腐敗はどうしようもないところまで来ていますが、それでも、内乱も起きずに平穏でいられるのは国民が我慢強いからに他なりません。

 世界的に見ても、戦後の政治体制が曲がり角にきている事は明らかです。
 
 パーソナルコンピュータが発明されて情報通信技術革命が起きてから早くも三十年が経ち、市民があらゆる専門的情報を簡単に手に入れる事が出来るようになりました。

 そして、そのことによって、グーテンベルクの印刷革命が宗教改革を引き起こしたように、新たなる政治改革の起きる兆しが見えて来ました。

 日本においても、政治家小泉純一郎や橋下徹、小池百合子は、"権威ある議会の意向に逆らって"民意に問うと云う方法で、議会式政治体制をぶち壊しました。

 小池百合子新東京都知事はそのような時代の変化を的確に読み取る事の出来る政治家であります。それだけでなく、市民の為になる政治を実践しようとする情熱を失っていません。

 明治維新は、薩摩長州という、地方自治体が中央政権に謀反を起こした革命でしたが、現代でも、中央政権を倒すにはこの手が一番有効といえます。つまり、大阪府と東京都が手を組めば、腐敗した中央政権を改革することは可能であります。

 今度の新しい維新は、日本文明の本質を失わず、「尊民攘夷」の旗印を掲げて、日米安保解消と地方自治の確立を目差してほしいものです。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-08-06 12:43 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/23379380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。