あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の解毒には麻薬のそれと同じ苦しみを伴う

「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の存在が明らかになっおかげで、米国の占領政策がどんなに悪魔的かよく分かってきました。

 そして、「日本はアメリカの植民地であり、アメリカの戦利品であることは、日本人だけが知らされていない世界の常識」であることも分かってきました。

 確かに、憲法前文や九条を読めば、諸外国に刃向かってはならないと書いてあります。

 さらに、『フーバー大統領回顧録』がようやく公になったことで、あの大東亜戦争は、ルーズベルト大統領が用意周到に計画して仕掛けたものであることも、明らかになりました。

 「時が、熱狂と偏見をやわらげたあかつきには、また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎとったあかつきには、そのときこそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くにその所を変えることを要求するであろう。」

 東京裁判のパル判事のことばが、七〇年の歳月を経て、現実になったのです。

 ところが、米国は、民主主義の仮面をかなぐり捨てて、帝国主義の本性をむき出しにしてきました。

 それまでの日本は、多額の貢ぎ物や沖縄などの生け贄を提供するだけで、生活を保証されていましたが、いよいよナチスドイツ下のユダヤ人のように、身ぐるみ剥がされ、ガス室ならぬ『放射線汚染区域』に閉じこめられつつあります。

 しかし悲しいことに、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」に洗脳されている日本人は、真実を武器にして戦うことすら拒否し、粛々と『民族消滅の道』を選んでいるのです。

 真実を武器にすれば、「なにを言っても信じたいことを信じる人」を無くすことが出来ると思うのですが、残念なことに、米国の大統領がヒロシマを訪問しただけでは、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の解毒効果は全く無いようです。




 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2016-06-14 12:12 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(0)