あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

『人は一人じゃない筈さ』

「座・ロンリーハーツ親父バンド」
  ↑ 題名をクリックすると、正式の歌詞と曲を聴けるユーチューブに飛ぶことが出来ます。
・・・ 誰でもいつか年をとる、当たり前じゃないか、そんなこと。
大切なのは胸の炎、燃やし続けていること・・・

・・・生きているから楽しくて(生きているから)、生きているからこそ悲しくて(頑張れ)
生きている、辛いけど(生きているから)
明日は必ず来る(必ず)・・・

・・・いつか未来の子供たちに(子供たちに)、心のバトンをつなぐため(つなぐため)
頼りになるような、大人になるために・・・

・・・歌おうロンリーハーツ親父バンド(親父バンド)・・・

・・・若造時代に気づかない(気づかない)
本当の優しさや、愛や生命の重さを・・・


d0001610_1514297.jpg

 六月になって、海岸では海の家が建ち始め、若い時と変わらない、蒸し暑い日本の夏がまたやってきました。

d0001610_1514596.jpg

d0001610_1515182.jpg

 我等は年を取ったけれど、胸の炎を燃やし続けて、塩ッ気たっぷりの海の男になりました。

d0001610_1515526.jpg

d0001610_151588.jpg

 いつものように早めに港に戻って舫いを取ると、回りでは、あちこちでバーベキューを愉しむ人々の声が響き渡っています。 実は我々も、船の中でも安全なバーベキューセットによる試食会を計画していたのでした。

 炭火で程よく焼けた肉やピーマンをほお張り、ビールに焼酎に、夏の海の音楽といえば、加山雄三でしょう。

 ところが、ユーチューブから流れてきたのは、「座・ロンリーハーツ親父バンド」。わたしの知らない曲です。しかし、まさしく我等が歌うべき歌でした。


 

d0001610_152150.jpg

 若造時代に気づかなかった、本当の優しさや、愛や生命の重さを、こころのバトンとして、未来の子供達に伝えていきたいと思います。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-06-12 17:07 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/23216128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。