あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

正義とはまっとうに生きる事。

 政治の話は大いに好きな方です。第何作目だったか忘れましたが、一高寮歌を作った祖父は、お弟子さんを呼んで酒宴を催しても今のようにカラオケで騒ぐなんてとんでもない、真面目に天下国家を論じていました。そんな宴会の中へ酒の摘みが欲しくて顔を出し、頭をなでられながら「立派な大人になれよ」と励まされたものです。

 そろそろ一年を振り返る季節がやってきました。しかし、昭和三十年代のようにだんだん時代が良くなって行く様子は僅かしか見られず、どちらかと云うと社会が腐敗して行く澱んだ時代のままのようです。社会規範の崩壊と云うのでしょうか。これが弱肉強食の世界なのかも知れませんが、まっとうな生き方をすることが馬鹿らしくなってくる世の中です。大人の社会がそうなのですから子供の社会が異常になるのも当然でしょう。

 まず政治の世界が節操をなくしたのは、自分では田中角栄の時代からと思っていますが、岸信介も満州に行った官僚ですから袖の裏をもらう術には長けていたに違いありません。楽天やライブドアが幅を利かせる世の中は、野生動物的生き方で人間社会に適用するべきではないと思いますが、日本以外の国際社会がそのようになっているのも悲しい現実です。

 そうして、弱肉強食主義の国に敗れた日本人が正義と云うものを考えなくなってしまった事が、社会の腐敗の進む大きな原因ではないかと思うのです。政治を考えることは、正義を追求する事であり平和を追求する事でもあると思うのです。

 平和主義者が正義を無視するのは結局のところ欺瞞であると言えます。正義と正義のぶつかり合いが戦争になる事も事実ですが、正義を追求しなければ平和は手に入らない事も事実だと思います。
by antsuan | 2005-12-03 17:20 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/2305033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2005-12-10 10:19
タイトル : 職業的良心はなくなったのか? 佐藤優 「国家の自縛」と ..
官僚の無責任=不作為責任、不祥事、民間でもJR西日本、朝日新聞社、NHK、大銀行・・いろんなところで”信じられないような”不祥事=犯罪が起き続けている。ほとんどトップの企業統治がなってないと言うところに原因がある。俺は言ったものだ。「トップのやり方が悪ければなぜ中間管理者は、それを咎めないのだろうか?それが大臣・社長の部下たるもの・自分の部下を率いる長たるものの責任じゃないのか.トップにならなければきちんと出来ないなんていってたら結局最後まで何も出来ないことになるじゃないか」と。多くの人が言った。「そ...... more
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2005-12-10 10:20
タイトル : 白洲、会いたいぜ 白洲次郎「プリンシプルのない日本」 (..
ちょっと前のテレビで諸井と言う人が、楽天の三木谷氏を、凄い顔をして批判していた。よく分からないけれどTBSの株を買っていることがケシからん、と言うように聞こえた。上場している株を買って何で悪いんだろうと思った。もうひとつ「会社ってのはねえ、みんな死に物狂いでがんばってやってきたものだよ。それを何も分からない男が金で買うのはおかしいよ」みたいなことをいっていた。白洲さんのこの本で、セメント業界が戦後闇カルテルまがいな事をやって甘い汁を吸ってきたことを批判しているのを読むと諸井さん、あなたは既得権益を奪わ...... more
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2005-12-10 10:29
タイトル : 今白洲がいたら! 北康利 「白洲次郎 占領を背負った男」..
痛快だ。戦後の日本の黒幕、いや表にも出ていただろう、として吉田茂を支えGHQに一歩も譲らずマッカーサーを怒鳴りつけても日本の国益を守る。戦争に反対して奔走する。日本憲法を押し付けられて戦う(負けるのだが)。日米講和条約を結ぶ(彼はアメリカ軍の撤退をいうのだ)。通産省(今の経産省)をつくる。電力再編成をする。・・。あらゆる戦後の重要場面で大きな役割をしたダンデイ。カッコいい。今少々白洲ブームの感さえあるがウベなるかな、それだけの男だ。要するに確たる”志”を持っていたのだ。志の前には浮世のアレコレはアホな...... more