あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

葉巻きとパイプ

 昨今、タバコの有害キャンペーンがかしましい。 かく言う本人も嫌煙派なのでありますが、小さい頃は周りで皆、煙草を吸っていたのでタバコをくゆらす雰囲気が嫌いな訳ではないのです。そのせいか、近頃のやれタバコの箱に有害性を大きく宣伝しろなどという規制には、右左あんつぁんの心がムラムラと何となくしてくるわけでありまして、少しは愛煙家の話でもしてみたいと思います。昔の映画では煙草を吸うシーンが必ずありましたね。それもなかりサマになっていてかっこ良かった。しかし、そのせいでジョン・ウェインや、ユル・ブリンナーなどは肺がんになってしまったんでしょうな。やっぱりタバコはよくない。ところがもうちょっと前の物になりますと、紙巻タバコではなく、パイプやら葉巻のシーンが多く出てくる。日本では次郎長ものなどに煙管 (キセル)を吸う場面がよくありますね。どうやら煙草は高級品であったことがそんな映画などで何となく分かってくる。
 自分の周りでも、大学の教授だった祖父はキューバの葉巻だったし、大会社の監査役をしていた叔父はパイプがすごく似合っていた。そして葉巻もパイプも匂いはキツいが、その香りに品があったように思う。そう考えるとやっぱり煙草は高級な装飾品として認知させてもいいと思うのだ。ある写真家がチャーチルのポートレイトを撮る時に、口にくわえていた葉巻きを取り上げて、怒った顔の写真を撮ったことは有名である。ある意味で葉巻きやパイプは装飾品なのだ。
 タバコにフィルターが付いて、どこでも簡単に吸うことが出来るようになったことは、嗜好品として特化してしまい、装飾品としての価値をはぎ取って、かえって喫煙量が増えて健康を害する結果をもたらし、また煙草に漂う品をも無くしてしまった感がある。いっそのこと紙巻タバコを禁止にすれば、ドトールコーヒーやスターバックスのように、タバコの吸える一種の専門店が出来て、また変わった煙草文化が生まれるかも知れない。
by antsuan | 2005-03-18 07:17 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/22964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。