あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

少子高齢化に対する国家の無能ぶりに国民は気が付き始めている。

『国の借金は国民の借金にあらず』
まず、このことをしっかりと認識しておかねばなりません。


  東京新聞より抜粋
d0001610_1459542.jpg


 つまり民主主義国家の我が国において、国の借金のツケを安易に国民に押し付けようとする為政者は、背任罪に問われるべきなのであります。

 ですから、司法界、特に日弁連のような民間の法律専門家集団が、公約やマニフェストを蔑ろにして国民を食い物にしている為政者を、「背任罪」で告発しない理由がわかりません。





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-03-02 08:31 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(0)