あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

日本は世界の猫になれ   (猫は人間を僕にしてしまう能力を持っている)

 「便利な使いっ走りとしてアゴで使っていた日本に、いつの間にか依存せずに生きて行けなくなっていたことを世界中の人々が知る。それが日本的な経済覇権のあり方であろう。」と、増田悦佐は主張しています。

 また、「だが、日本が世界の経済覇権を握るにあたっては、作為的に動き回るのではなく、心から世界中の人々のお役に立ちたいと思って、奉仕を積み重ねる中で、自然に覇権が転がり込んでくるというかたちになるだろう。」とも、述べております。


d0001610_21535317.jpg

d0001610_21535574.jpg

 現在の中東情勢は、馬賊や軍閥が跋扈して国家の体を為していなかった、昭和初期の支那大陸の情勢とそっくりです。

 この本と日本が敗戦の教訓から学ぶべきことは、中東情勢にもチャイナの挑発にも不作為のまま、何も手を出さないことです。

 残念ながら、安倍政権は、これらの世界情勢に不作為で居ることを米国に咎められて、火中の栗を拾おうとしているかのように思えてなりません。

 


 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2016-02-21 21:55 | 政治・経済 | Comments(0)