あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「アクセルの神 ブレーキの仏」

 江戸時代までは普通に神仏習合の社会だった日本が、一神教の国の外圧により開国し、神かがりの富国強兵というアクセルを踏み続けたことにより、平和が乱されたように思います。

   東京新聞より抜粋
d0001610_1283966.jpg

 そして、二十一世紀も天変地変の激動の時代になりそうです。こういう時代こそ「仏」のブレーキが必要となって来るでありましょう。




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-26 20:17 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/22806778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimizu-clone at 2016-01-27 22:52
いやいや、時代はもう自動運転ですよ。
僕らには乗るか乗らないかの選択肢しかないように思います。
Commented by sweetmitsuki at 2016-01-28 06:43
記事の趣旨とはやや違いますけど、靖国神社は筆者のいう、どの神社のグループにも属してません。
乃木希典や東郷平八郎のような戦功をあげた人物ではなく、無名の戦殉者を祀る施設で、筆者のいう通り、本当なら仏閣が担うべきです。
これは私の独断ではなく、歌謡曲の「九段の母」にも、「おがむはずみのおねんぶつ」という歌詞があり、英霊は神ではなく仏であるという認識がかつても一般的だったのではないのでしょうか。
残念ながら今の靖国神社は、誰もがわだかまりなく戦殉者を追悼できる施設とはいえず、総理大臣屋天皇が参拝に訪れられないのも、やむを得ないと思います。
Commented by antsuan at 2016-02-01 19:31
・ mimizu-cloneさん、
文明が発展すると、人間は洗脳されて、自動運転に身を任してしまうのかも知れませんが、原始的思考を失わない人間は常に必ず産まれてくるものだと思います。
>自分をしっかり持っている人間は、波に流されない。
Commented by antsuan at 2016-02-01 19:35
・sweetmitsukiさん、確かにおっしゃる通りですね。法隆寺は聖徳太子が建てたものではなく、聖徳太子の霊を鎮めるために建立されたと云われていますね。
靖国神社は靖国神宮寺とすべきです。