あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

私も父親や祖父の嘘が分からなかった。だからこそ、今は畏敬の念を禁じえない。

 私たちの親の多くは、耐え難きを耐え忍び難きを忍びつつ、そのことを子供たちに悟られないように笑顔を見せ、嘘をつきました。

 その嘘がどんなにか愛に満ちたものであるか、大人になればいやと言うほど分かります。


   紙面をクリックすると読みやすい大きさになります。              
d0001610_17154286.jpg
 
               今日の東京新聞より抜粋





      *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-11-22 17:40 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2015-11-22 21:26
汽車賃がもったいなくて帰省しなかったこともあります。
淋しかっただろうと亡母の気持ちを想います。
Commented by antsuan at 2015-11-23 17:16
・このコラムを読んでいるうちに、懺悔の涙が止まらなくなりました。