あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

トンビに笑われた気がする

 昨日の日曜日は冷たい風がちょっと吹いていましたが、天気が良かったので、庭で布団干しと障子張りをしました。そうそう私が小さい頃は障子張りだけではなく、畳まであげて大掃除なんてのもやりました。今も子供たちが障子張りをちょこっとだけ手伝ってくれましたが、この子が大きくなったときに、庭であんなこともやったなーと思い出してくれたらと思っています。
 
 本当に五十年後はいったいどうなっているのでしょう。葉山の山々もどんよりではありますが色づいてまいりました。しかし、あと半世紀後にはこの山もなくなっているかも知れません。願わくば、この貴重な自然環境が何世紀後にも変わらぬ姿で残っていて欲しいと思います。
 
 仕事の悩みが消えたわけではないですが、恵み豊かな葉山の自然を眺めていると、トンビにピーヒョロロと笑い飛ばされているようで、少し気を大きく持つ事が出来るようになりました。
by antsuan | 2005-11-21 18:23 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/2234197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。