あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

大東亜戦争は聖戦であった。そのことを認めなければ世界に平和はやって来ない。

 日本共産党が"日米安保条約反対"を叫ばなくなったのは何時頃からなのでしょうか。また、鎌田慧のコラムにあるように「アメリカ帝国主義の手先」という言葉もいつの間にか使われなくなってしまいました。

 日本共産党の中にもCIAの工作員がしっかり入り込んでいるのでしょう。国会前デモがすっかり収束してしまったことからも、それは充分に想像出来ます。


d0001610_817613.jpg

 日本人が何と云おうと日本は独立国家ではありません。米国の植民地であり戦利品であることは、世界の常識となっている事実です。

 日本国憲法は、帝国主義国家のアメリカが制定した、占領政策基本法なのです。ですから、この憲法を守ろうと叫ぶ日本人は、昔風に云えば、アメリカ帝国主義の手先なのです。

 大東亜戦争後に、欧米の帝国が植民地としたアジア・アフリカ地域から、数多くの国が独立した事実に目を瞑るのは愚かなことです。それどころか、そのことに無関心で居ることが世界平和の妨げになっていると思います。

 あの大東亜戦争は、東京裁判のパール判事の判決文にあるように、アジア諸国を侵略していた米英帝国を駆逐するための聖戦だったのです。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-09-22 08:18 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(4)
Commented by sweetmitsuki at 2015-09-23 05:58
日本国憲法を制定したのは、確かに占領軍でしたが、日本国憲法は昭和天皇の勅命で施行されたものなので、護憲派の人びとをアメリカ帝国主義の手先呼ばわりするのは、誤りがあると思います。

むしろアジアやアフリカから永遠に搾取を続けるため、これらの国々を独立させないよう、軍隊と戦争で縛り上げるアメリカに加担する集団的自衛権の行使を謳った安保法案を強行採決した安倍とその支持者こそ、アメリカ帝国主義の手先なのではないのでしょうか。
Commented by antsuan at 2015-09-23 08:24
・占領下において、昭和天皇はGHQに逆らうことが出来たのでしょうか??もちろん日本国民もGHQに逆らうことは出来ませんでした。わたしはマッカーサー元帥を信奉していますので、この憲法を悪いものだとは言いません。
 しかし日米安保条約は明らかにこの憲法に違反した条約です。ですから日米安保を容認してしまった憲法を守ることはアメリカ帝国の手先その物なのです。
Commented by sweetmitsuki at 2015-09-23 20:14
逆らうことが出来ず、不本意ながら同意せざるを得なかった。と、いうのであれば、近衛文麿のように自決(公家は武士と違い、切腹ではなく服毒が作法。)するべきであったでしょう。
憲法に最終的なみことのりを発したのは昭和天皇なのですから、それは昭和天皇の意思であるはずです。

ですから日米安保を容認してしまった憲法を守ることはアメリカ帝国の手先その物なのでという考えには全面的に賛成です。
Commented by antsuan at 2015-09-23 22:35
・天皇が自決してしまってはポツダム宣言を受諾した意味がなくなってしまいます。
また同じように、日本が独立した後も米軍が居座っていることはアメリカのポツダム宣言違反といえます。
吉田茂が独りで日米安保条約に署名した理由は、この条約がポツダム宣言にもそして憲法にもそぐわないものであることを承知していたからでありましょう。
日本はかつてのスイスのように永世中立国であるべきです。そのためには独自の抑止力のある自衛軍を持たねば成りません。
ですから、自衛隊を自衛軍に昇格して、安保条約を解消するためには、憲法の改正が必要なのです。