あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

負けるとわかっている国会前デモと、負けるとわかっていた神風特攻。どちらも愚かな行動なのか。

 間もなく平成二十七年の夏も終わりです。

                真名瀬から観た江ノ島
d0001610_1657833.jpg

 わたしにとって六十六年目の夏でした。昔の人に比べたら、あるいは他国の人々と比べても、けっして短くない人生です。

 春の健康診断の結果、不整脈が在るので専門医に診てもらうように云われていたのですが、仕事にかまけて受診しないでいたら、脳梗塞を発症してしまいました。

 春ごろにろれつが回らないなと思っていたのですが、どうもそのせいだったようです。

 七十年前の日本人は、人生五十年どころか、人生三十年の感覚でいたことでしょう。

 その様な人生感覚の祖先の生き様が、七十年と云う歳月を経て、歴史と云う美しい虹となって輝いています。

 その祖先の御霊に手を合わせ、我が家族の平穏無事に感謝しつつ、正義と博愛を貫き通した祖先を誇りに思うのです。

 ですから、正々堂々と戦った日本人の汚名をそそぐためにも、わたしは真実を伝えようとしない活動や嘘のプロパガンダを許しません。

 これからも真実を伝えるための戦いを続けていく覚悟です。




  過ちては 改むるに 憚ることなかれ
by antsuan | 2015-08-30 18:12 | 身の回り・思い出 | Comments(3)
Commented by HOOP at 2015-09-01 20:30
脳梗塞ですか、大変でしたね。
もう、大丈夫なんでしょうか?

私も高血圧症を放置していますので、
いつ、何が起きてもおかしくありません。

せめて、政府発表で血圧が上下するような事のないように
お願いしたいものです。
Commented by antsuan at 2015-09-02 05:49
・造影CTでははっきりわかりますが、普通の検査ではちょっと見逃す程度の梗塞です。

 政治家の発言には笑っちゃいますので、健康には影響ないでしょう。

 HOOPさんもお気をつけ下さい。
Commented by HOOP at 2015-09-05 07:29
はい、気をつけます