あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

明治維新の真実。東北福島は明治政権の植民地だった。そしてその構図は今も変わらない。


 幕末の風雲児、坂本龍馬を金銭的に支援していたのは、土佐藩でも無ければ薩摩藩でも無く、長崎のイギリス商人トーマス=グラバーです。

 そのトーマス・グラバージャーディン・マセソン貿易会社の日本支店長だったのですが、問題はそのジャーディン・マセソン貿易会社というのは、阿片の密輸と紅茶で財を成した、日本人から見ると悪徳商社なのであります。

 もちろん、グラバーはそのような悪徳商社の日本支店長なのですから、全うな商取引をしているわけがありません。幕末の内戦を見込んで、武器を各藩に掛け売りして、大儲けしようとしました。

 グラバー邸には大掛かりな隠し部屋があったことが平成の改修工事で明らかになっています。

 しかし、グラバーの手先になっていたはずの、海援隊(私的軍隊)の隊長である坂本龍馬は、高杉晋作から大英帝国の魂胆を知り、『船中八策』を捻り出し、内戦を避けるべく奔走し始めます。

 坂本龍馬暗殺を指示したのは誰だったのか。

          西鋭夫講演録
d0001610_15352443.jpg


 坂本龍馬を育てた幕臣の勝海舟は、横浜に新設された外国の領事館に行き、徳川幕府の持っていたありったけの小判をばらまいて、日本の内戦に手出しをしないように約束させます。

 江戸城の明け渡しにより、無血革命の明治維新が完結しました。

 では、官軍となった薩摩藩や長州藩などは、グラバーから買った武器の代金をどのようにして払ったのか。いや、どのようにして払おうとしたのでしょうか。

 江戸城の明け渡しが無事に終えたにも係わらず、何故、官軍は恭順の意を示している長岡藩や会津藩を攻め立てたのか。

 「明治維新の歴史」は明治政府が作ったものです。信じて良いのでしょうか。


 また、文明開化の波に乗り、明治から昭和にかけて、日本は支那大陸で戦争ばかりしていました。

 誰の為に?

 「文明開化」の文明って、西洋のことではないですか。三千年の歴史を持つ日本の文明でも無ければ、六千年の歴史を持つ、支那の文明でもありません。

 日本が支那大陸で戦争をすると得する国は何処ですか?

 そうです。大英帝国です。第一次世界大戦が始まるまでは。



d0001610_15253175.jpg

d0001610_15253430.jpg

d0001610_15253761.jpg







       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-04-23 18:06 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(4)
Commented by sheri-sheri at 2015-06-06 14:43
こんにちは。初めまして。前福島県知事の御本、読んでみたいと思います。御紹介ありがとうございます。
Commented by antsuan at 2015-06-07 06:16
・sheri-sheriさん、ようこそ。
幼少の頃わたしは福島で育ったので、東北福島は中央政権の植民地という意味がよく分かります。
Commented by at 2016-07-31 22:28 x
南三陸町?
三陸海岸は青森から宮城までで、福島にはないけどね。
まぁ、福島、東北は植民地だったと言われても、驚かないけど・・・
Commented by antsuan at 2016-07-31 22:43
・いさん、驚かないけれど、そういう認識を持ってはいなかったんじゃないでしょうか。
今の多くの日本人が、日本は米国の植民地である事の認識がないように。