あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「日米安保 考え直しては」の声を大きくしていこう 

 日米安保条約を締結した当時は、見直しが前提の約束事でした。つまり、米国は、東西冷戦が終結すれば、撤退するつもりだったのです。

           今日の東京新聞より抜粋
d0001610_7535974.jpg


敗戦→終戦
占領軍→進駐軍
植民地支配→日米同盟
武装解除→戦争放棄
総督府→官僚制政治
敗戦記念日→終戦記念日
検閲→教科書検定
言論統制→マスゴミ
政治不信→政治的無関心

 日本人が植民地支配を意識しなくなるよう本質を隠す言葉にすりかえられている。

 ツイッターで、こういうふうにつぶやいていた人がいましたが良識といえましょう。

 世界平和のためにも、日米安保条約は解消しなければなりません。何故ならば、米国は建国以来ずっとテロ活動をしてきた国なのですから。




[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2015-02-10 08:06 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/21545537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2015-02-10 11:27
同感です。
安倍の支持率があがったというNHK、ほんまかいな。
Commented by antsuan at 2015-02-10 13:24
・欧米諸国からの支持率は確かに上がったことでしょう。
しかし、テロに屈しないというのならば、この記事にあるように、真っ先に日米安保条約を見直す必要がありますが、その矛盾を国民は声を大にして叫ぶ必要がありますね。