あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「ホスピタル」の意味をいまいちど考えてみよう

 先週の金曜日に、東京ビックサイトで開催されていた、ホスピタルショウに行ってきました。昔と変わって、今は、ほとんどが、情報を取り扱うソフトウェアが展示されていました。

d0001610_1232213.jpg


 しかし今一度、そのソフトウェアが何のためにあるのか、医療を提供する側の、便利さを追求しているだけではないのか、考えてみる必要があるように思いました。

 「ポスピタル」という言葉に、「病院」という、漢字を当て嵌めるのは、不適切であると以前から思っていましたが、日本の医療は、やはりもう一度、「ポスピタル」という言葉の原点に戻って、考えて見る時に来ていると思います。


d0001610_7363565.jpg







       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2014-07-22 07:37 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/20932115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。