あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

歴史から学ぶのは敗者のみであってはならない。

 少年時代は西部劇映画ばかりを観ていましたので、この訃報にあるジェームズ・ガーナーの「墓石と決闘」という西部劇も観ています。

d0001610_011527.jpg


 しかし、彼のはまり役はなんといっても、テレビドラマの「ロックフォードの事件メモ」の方でしょう。吹き替えの声優は名古屋章で、彼も人生の深みを知っている名優でした。

 ジェームズ・ガーナーは、クリント・イーストウッドと同様に、朝鮮戦争に従軍しています。そのせいでしょうか、日本の武士道に観られる、敗者を労る精神を持っていたように感じられます。

                        合掌




 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2014-07-21 23:43 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(0)