あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

憲法第九条をよく読めば戦争を否定していないことが分かる

憲法解釈
 改憲論者は、憲法解釈の変更みたいな姑息な手段を使わず、憲法そのものを変えるべしと主張しているのでありますが、では、そういう改憲論者は憲法の条文をどの程度理解をしているのでしょうか。

 もちろん、わたしも改憲論者の一人でありますので、今一度この日本国憲法をしっかり読んで見たいと思っています。といいますのも、学校では、特に義務教育の小学校中学校の授業において、一度も日本国憲法について正式に教わった記憶がないからであります。

 そして、それは何もわたし一人に限ったことではなく、いまを生きている日本人全員が同じ経験をしていると思われるのです。

憲法第九条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


 先に記した「明治女大学」の文章と比べると、格式に見劣りがするのは、もともと英語で書かれた条文を翻訳したからと思われます。

 それはさておき、この条文は『国際紛争を解決する手段としては』という前提条件がつけられています。逆に考えれば、この前提を満たしていない場合は、この条文に縛られることはありません。

 この前提条件の意味は「他国に侵略する場合」のことであります。もったいぶって書かれていますが、論理的に書かれた英文を訳したからに過ぎません。

 ですから、『自衛目的の武力を有する』ことは否定されていないのです。さらに、『国内紛争を解決する手段として』の武力行使も否定されていません。

 また、細かいことですが、解決する『手段』のみ否定されているのであって、紛争を解決する『目的』であれば、武力の行使を認めているのです。

 このように、マッカーサーが作った神学的な平和憲法は、日本が侵略戦争を二度と起こさないようにするためのものなのです。

 ちなみに、マッカーサー元帥は、後に米国議会において、先の太平洋戦争は日本にとって自衛のための戦争であったと証言しています。


       *  *  *

正義と博愛の溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2014-06-16 18:25 | 政治・経済 | Comments(2)
Commented by sweetmitsuki at 2014-06-18 05:32
確かに私も、日本国憲法は「チョウキン」と覚えるようにだけ教わって(象徴<チョウ>としての天皇、戦争放棄<キ>、主権在民<ン>、基<キ>本的人権<ン>の尊重<チョウ>と、それだけテストに書けば◎がもらえました。
内容までは教わった記憶がありません。
ちなみにコスタリカにも平和憲法はありますけど、非常時下の軍隊の招集権と国内治安維持のための警察力の保持は放棄してないのですよ。
Commented by antsuan at 2014-06-19 05:44
・永世中立国といわれるスイスも軍隊を持っていますね。
この九条は中立国を宣言している条文と解釈するのが妥当だと思います。