あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

今年も綺麗だった逗子の花火

 昨日の夜は逗子の花火大会の日でした。

 コロワイドという会社が強力な資金提供者になっている、この逗子の花火大会は、不測の事態を避けるという変な名目で、大会の日が、夏の盛りではなく、こんなに前倒しになったり、海岸での飲食が禁止になったり、年々おかしくなってきているのですが、花火そのものは相変わらず豪華で見ごたえのあるものばかりでした。

 そういう興奮の余韻を、船のキャビンに持ち込んで二次会も大いに盛り上がり、楽しい一時を過ごしたお陰で、溜まっていた仕事のストレスも、発散することが出来ました。


d0001610_17293436.jpg

d0001610_17293117.jpg

d0001610_17292850.jpg

d0001610_1729257.jpg

d0001610_17292359.jpg






 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2014-05-30 17:41 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/20760505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanaco at 2014-05-31 00:50 x
むっとした夏の熱気のない花火って、どんなだろう?とも思いましたが、実は、酒田の夏の花火は、けっこう涼しかったりするので、似ているのかなぁ…と想像しました。でも、なんだか外国の花火みたいな景色。いいですねー「!
Commented by saheizi-inokori at 2014-06-01 10:57
好いなあ、花火大会とはすっかり縁が切れてしまいました。
Commented by antsuan at 2014-06-02 07:42
・hanacoさん、
そうか。東北では夏でも涼しかったですよね。
ヨットハーバーからの花火はムード満点ですよ。(^_^)/
Commented by antsuan at 2014-06-02 07:46
・佐平次さん、最近はいろんな催し物の時に直ぐに花火を打ち上げる傾向にありますので、また直ぐに観ることが出来るのではないでしょうか。
ここ逗子の花火も、実は行政当局が難色を示しておりまして、来年はどうなるか分かりません。