あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ロシアのプーチンは米国のブッシュのまねをしているだけ。イラク侵攻が善でウクライナ侵攻は悪なのか。

米国務長官を名指し批判=ロシア
時事通信 3月4日(火)0時41分配信
 【モスクワ時事】ロシア外務省は3日、ウクライナ南部クリミア半島での行動を「侵略」と非難したケリー米国務長官の発言に対して、「受け入れられない」などと名指しで批判した。 



 ロシアのプーチン大統領が強気なわけは十分に理解出来ます。本当にケリー米国務長官は寝ぼけていて、ついこの間、米国がイラクに侵攻したことを忘れているからです。

 米国のイラク侵攻でどれくらいのイラク人が殺されたか。二百万人は下らないことは確かのようですが、その数さえ正確に公表していません。

 ロシアは米国のイラク侵攻のまねをしただけなのです。

 こうしてみると、日本が戦争をやめても世界平和になるどころか、かえって、諸外国の横暴が酷くなっていることがよく分かります。

 日本人だけが平和をむさぼっていて本当に良いのでしょうか。東亜の平和の為に立ち上がった祖先が眩しく見えるのは私だけなのでしょうか。




 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2014-03-03 18:31 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/20421368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。