あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

宗男議員の逆襲が始まった

 政治に興味を示さないで生きていける人がうらやましいと思う。そう云う人たちは行政に苛められたことが無い人なのだろう。その汚いやり口は暴力団となんら変わらないかそれ以上なのだ。

 鈴木宗男国会議員はその汚いやり口を知り尽くしている人間のようだ。持ちつもたれずの腐れ縁的な関係だった外務省に手のひらを返され徹底的に潰されかけたが、その恨みを晴らすべく総選挙に再選されるや、その法治国家とはとても言えない行政の汚い手口を暴き始めた。
 
 面白い。徹底的に行政の不正行為を暴いてもらおう。国民はこれで官僚が腐りきっていることを再認識して欲しい。小泉人気に隠れて彼らの悪事が見えなくなっていたが、官僚とは「騙される方が悪い」と平然と言ってのける人種なのだ。
 
 どうか国民の皆さん目を覚まして欲しい。小泉劇場の裏方の腐敗ぶりを知って欲しい。行政に理不尽な仕打ちをされた一国民として、鈴木宗男議員の復讐劇は政治に無関心であることの危険性を知らしむる有意義なものであり、是非観ることをお勧めする。
by antsuan | 2005-10-21 23:59 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(0)