あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

青春時代から我が人生を癒してくれた 野毛のスナック「山荘」が 間もなく閉店する

 この野毛にあるスナック山荘に初めて来たのは、よく覚えていませんが、二十歳前後だったと思います。このスナックの近くに住んでいた高校時代の友人が、百貨店でアルバイトした帰りに見付けてきた店で、昭和四十年代中頃のことでした。

  ですからここに来る時は、その昔からの親友と一緒と云うのが、殆ど当り前になっていました。

d0001610_17241329.jpg


d0001610_17241679.jpg


 このスナック「山荘」には昔ながらのジュークボックスが在り、それを話題にして、ブログにも何回か紹介したことがあります。

http://antsuan.exblog.jp/2633112/ 馴染みの店

http://antsuan.exblog.jp/5938402/ 突っ張り甲斐

http://antsuan.exblog.jp/9227599/ 横浜ウロウロ

http://antsuan.exblog.jp/10091058/ いつものハイボール

 マスターは、この正月の始めに九十一歳で現役のまま大往生されたとのことですが、客は、いつしかマスターの娘さんや息子さんとも親しくなり、まるで大家族が集まっているような、とても家庭的な雰囲気のスナックでした。

 ですから、年を経てだんだん訪れる機会が少なくなっても、ここに来る時は、故里の家に戻ってきたような気になったものです。

d0001610_22324575.jpg


d0001610_2232413.jpg


d0001610_22323584.jpg


d0001610_22322572.jpg


 その故里の、思い出も埃に埋もれてしまったような、大家族が集まった家、「山荘」がもうじき消えてなくなってしまいます。

 ありがとう。いままで幸せを売り続けてくれた店「山荘」よ!



 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2014-01-17 22:56 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/20243739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by inuman at 2014-01-22 00:08 x
良い記事ですね。
気持ちがほっこりします。
僕は飲めませんが、お酒を飲んで良い気持ちになるってこんな感じなのかもしれません。

我が家の方、正直かなり大変です。
でも、それほど深刻な気分にはなってないんですね。
なるようにしかなりませんものね、人生なんて。
そして、落ち着いた時に、ふとこの記事にあるようなお店に足を運べたら。
それが幸せってものかもしれませんね。

自分のコメント用ハンドルを忘れかけているinumanでした。
Commented by antsuan at 2014-01-22 12:41
・「バー『ブログ』の客」は、ここを思い浮かべながら書いた記事です。(笑)

介護する立場にいると大変でしょう。
精神を癒すためにもブログを再開したら?