あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

山と川と海の科学的常識

 先日のコメントで、山があり川があって海があると言われて、ドキッとしましたね。此れって自分の専門だったんだと。大学では海洋科学なんて訳の分からない学部に属し、卒業論文に塩の研究をやらされたのですが、岩塩を産出するところは元々大昔は海だった証拠で、つまりは海が山になっちゃったのですよ。

 二酸化炭素の排出量と地球温暖化なんて、其れこそ海洋科学の専門領域で、30年以上も前から海水中の二酸化炭素量なんて云うものを測定していました。この海水中の二酸化炭素を海洋植物が一杯取り込んでくれれば、大気中の二酸化炭素は海水にどんどん吸収され問題が発生しないはずなんですけれど・・。

 また、ヘドロや水俣病などの「公害」が問題になっていた時期なので、地球環境についてもその方面から研究しましたが、しかしその研究会は大学当局からの「指導」が入り、教授が左遷となってチョン切れてしまいました。関連会社からの求人が来なくなるというのが理由らしいです。此れが日本の大学の実態ですね。いまはどうだか分かりませんけれど。

 しかし、そこで明らかになったことは、淡水部分は地球の面積で云うと何パーセントにも満たないのですが、その役割は生物生活の上で大変なものなのだと云うことです。干潟や汽水も同様です。冒頭の言葉の通り、山が汚染されれば、川が駄目になり海も汚れてしまい、あらゆる生き物にとって大問題になるのです。
 
 話はずれますが、チャイナの大陸部分は、いま凄い勢いで大気汚染や水質汚濁の公害が発生していて、同時に砂漠化が進んでいます。日本では花粉症が猛威を奮っていますが、本当は大陸からやって来る黄砂と大気汚染が原因ではないかと思っています。これはあくまで個人的な意見としてお断りしておきます。しかし、こういう議論が大学レベルではされているのでしょうが、マスコミから聞こえてこないのが、不気味で仕方ありません。私的な研究会は潰され公的な研究会は政治の匂いがする。

 このように、環境問題は地球規模で考えないとはっきり言って意味を為しません。此れが大学で学んだ成果の一つです。いやいや、ちょっとアカデミックですねぇー。学費を出してくれた親に感謝しなくっちゃ。
by antsuan | 2005-04-14 07:41 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/200499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。