あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

アラファト氏毒殺説にみる、放射性物質の強毒性

 スパイの世界では、今や、放射性物質が暗殺の道具として使われています。つまり、放射性物資の体内被曝は致死的なものであることがはっきり分かっているのです。

アラファト氏毒殺説裏付けか 遺体からポロニウム検出
2013.11.07 Thu posted at 09:59 JST(CNN)
2004年に死去したパレスチナ自治政府のアラファト議長(当時)の死因を巡り、スイスの研究機関がアラファト氏の所持品や組織を調べた結果、放射性物質のポロニウム210が相当量検出されたと発表した。同氏の毒殺説を「ある程度」裏付ける結果だとしている。
アラファト氏は04年11月、パリの病院で死去した。当時は病死とされたが、12年に所持品の一部からポロニウム210が検出されたことを受け、毒殺を疑う妻の希望で遺体が掘り起こされ、スイスの研究機関が調査を進めていた。
その結果、下着に付着した尿の染みなどの痕跡から相当量のポロニウムが検出されたほか、遺体から採取した骨などの検体からもポロニウムが見つかったという。
ただ、血液などの標本がほとんど残っていなかったことや、ポロニウムの半減期が138日と短いことなどから、8年後の検出は「非常に難しく、不確実な部分も多い」としている。
この結果について英国の専門家は、「アラファト氏が死去した当時、体内に一定量のポロニウム210があり、健康状態が相当悪化していたことをうかがわせる」と指摘した。
アラファト氏の死を巡り、イスラエルによる毒殺説を主張してきたパレスチナ自治政府の幹部は今回の結果を受けて、「すべてがイスラエルの仕業であることを指し示している。同国にはこのような毒殺の実績がある」と主張、国際的な犯罪捜査を求めると表明した。
これに対してイスラエルの外務省報道官は6日、「我々は無関係だ」「イスラエルの関与を裏付けるものは何もない」と反論している。


 悲しいことに、我が国では、その内部被曝の恐ろしさを無視するかのように、食品に含まれる放射性物質の量を1キロあたり100ベクレルまで良いことにしてしまいました。

 そして、フクイチ事変が未だ収まっていません。つまり、我々日本人は人体実験をさせられているのであります。結果は十年後には出ることでしょう。

 しかし、その前に核戦争が始まってしまったら、そのほとんどがうやむやになってしまいます。今の世界情勢をみてみると、その可能性が益々高くなっているのが、新たなる心配の種なのです。



 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2013-11-07 16:47 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/19932344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cocomerita at 2013-11-09 23:12
Ciao antsuan
私は先見の明があるわけじゃあないけど、彼が死んだときから暗殺だと思ってました
で、暗殺って外国のもんだとおもったら、日本でも結構行われているんですよね
怖いですね
Commented by antsuan at 2013-11-10 19:52
・暗殺と云う汚い手口を使う国は必ず滅亡しますね。
日本もそうです。石井紘基代議士の事件は間違いなく暗殺です。